ありがた迷惑!? 「いらないもの」を義母からもらったら

ライフ
ママスタジアム
2017/05/14 19:45
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

写真:ママスタ

どの部屋も”一生かかっても着られないくらいの服”であふれかえる義実家……。

筆者の義母は、とてもお洋服が大好き。ブランドものが好きなのではなく、誰もが知るチェーン店やショッピングモール、新聞の折り込み広告に入ってくる通販などでお買い物。似たような服があちこちにあり、「安かったから」「セールだったから」という理由で、日々増え続けています。

自分の服を買うぶんには、誰にも迷惑をかけていないので大丈夫。……と思いきや、結婚当初、筆者へのこんなありがた迷惑に困り果てていました。
「これ、似合うわよ! あげるから着てちょうだい」

筆者と義母の年の差は、約40歳。義母が持っているお洋服の中から、ヨメのわたしに似合いそうなものをとチョイスして、

「これ、似合うわよ! あげるから着てちょうだい」

と言うのです。ヨメへのお気遣いの気持ちはとてもありがたいのですが、正直なところ、いらない。そもそも30歳と70歳で同じ服を着ることには、ものすごく無理があります。趣味も合うわけがありません。

しかしながら、義母との関係を悪くしたくないという気持ちから、「あげる」という申し出を断れずにいくつかの服を持ち帰ることになりました。
ただ「あげる」で済まなかった服……
普通なら、着ることのないようなお洋服をもらった時点で、クローゼットの奥底にしまい込むことは確実。「捨てるぐらいなら、リサイクルショップにでも持っていくか……」と思いながら1ヶ月ほど経ったある日、義母から衝撃的な発言を聞きます。

「やっぱり、この前あげたあのお洋服、わたし着ようかしら。返してもらえる?」

危うく手ばなすところだったではないですか! それなら、どうしてヨメに一度服をあげたんですか!!

このとき筆者は、義母が持つ洋服への恐ろしいほどの執着を初めて知ったのでした。
いらないものを義母からもらったらどうしてる?


ママスタBBSでも似たような状況のママがいました。
『うちもいらないものをもらっちゃうんだけど、イライラした時にゴミ袋につっこむとちょっとスッキリする』
そう、なかなか断れないんです。押し問答するぐらいなら、「ありがとうございます」と持って帰った方が、お互いにハッピーな気がします。
『選ばせてもらえば?
売れそうな物があったら帰りにそのままリサイクルショップへ。
100円でも売れたらラッキー』
自分で使わないものは、売ってお金にしちゃいましょう。そう思っていた時期もありました。
『うちの義母もそうだった。しかもこの前くれたもの「返して」とか言ってくるから、処分もできず』
筆者以外にも、同じパターンの方がいました! 一度「返して」と言われてしまったものなら、次から貰うものはすべて同じことを要求される恐れがあるので注意しましょう。
結局この一件で学んだのは
それからも、なんども「この服似合いそうだから、あげるわよ」と、品を替えながら義母に勧められ続けました。結婚から数年経ち、関係がしっかりできてきた今は、子ども服と食べ物以外のものはもらわないようにしています。

「わたしの趣味には合わないですね〜。せっかくもらっても、タンスの中にしまいこんではお洋服が気の毒なので、ぜひお義母さん着てあげてください。このお洋服、とっても素敵じゃないですか!」

なんて、しれーっとお断りしています。

みなさんも、義母から初めて何か「もらう」ときは、たとえ気に入らないものであってもすぐに処分しないことを強くオススメします……。

文・編集部

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません