劇団EXILE青柳翔&EXILE AKIRA、現地ファンから熱烈歓迎 思わぬサプライズに「素晴らしいスタートが切れた」

エンタメ
モデルプレス
2017/04/21 05:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

映画「たたら侍」台湾プレミアの様子(画像提供:所属事務所)

【青柳翔・AKIRA/モデルプレス=4月21日】劇団EXILEの青柳翔とEXILEのAKIRA、錦織良成監督が現地時間19日の夜、台湾・台北市で映画「たたら侍」(5月20日全国公開)の台湾プレミアを行い、レッドカーペットに登場した。

【フォトギャラリー】青柳翔、ファン&報道陣に囲まれる

◆現地ファンから熱烈歓迎

会場となった「台北信義威秀影城」(ヴィショー・シネマズ)は、台湾のシンボル「台北101」に隣接する台北最大級の映画館。この日の台北は、朝から時折雨が降る天気模様だったが、イベント開始1時間前にタイミングよく雨が上がり、400人のファンが熱烈歓迎。

AKIRAが「很高興跟大家見面(ヘンガウシンゲンダージャージェンミェン=みんなに会えて嬉しいです)!」と、流暢な北京語であいさつすると、現地ファンからは「キャー!」と日本同様の黄色い大歓声が。

雨上がりの蒸し暑さと、観客の熱気に包まれたレッドカーペットで、青柳とAKIRAは汗を拭いながらも時間をかけてサインに応じるなど、殺到したファンとの触れ合いを楽しみ、今回、2度目の訪台となった青柳は「『たたら侍』がこうして台湾で上映されることを嬉しく思いますし、多くの方々が来場してくれて嬉しかった」と現地の反応を喜んだ。

◆思いもよらぬサプライズに…

レッドカーペット後のセレモニーでは、映画やドラマで活躍する台湾の人気女優シェ・シンインがゲスト出演。

第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にも出品され、シェ自身も出演する台湾映画「黒衣の刺客」(こくいのしきゃく)の劇中で使用された、中国産の短刀がAKIRAに贈呈された。

また、会場には来ることができなかったが、今年2月にベルリン国際映画祭に出品された、映画「ミスター・ロン」で青柳と共演をした台湾のトップスターのチャン・チェンから、青柳に花束が贈呈。思いもよらぬサプライズにAKIRAは「台湾の俳優さんも足を運んで盛り上げてくれて、本当に素晴らしいスタートが切れた」と感慨の思いを語った。

◆絶賛浴び質問殺到

プレミア上映では220席が即完売。会場は満席となり、上映後の舞台挨拶では、司会者が客席に「みなさん、映画は面白かったですか!?」と呼び掛けると、「イェイ!」「素晴らしい!」と絶賛を浴び、日本の文化や歴史に興味を持った現地ファンから多くの質問が飛び交った。

イベントを終えたAKIRAは「色んな捉え方で『たたら侍』を楽しんでくれているのを肌で感じましたし、日本の文化や歴史に大変興味を持ってくれているのを感じた」と手応えを口にし、「改めて『たたら侍』を通じコミュニケーションを図ることによって、台湾と日本に通ずる精神や魂が生まれたら嬉しい」と願った。

◆異国の地でも高い注目度

青柳やAKIRAが所属するLDHは、今年からアメリカ・ヨーロッパ・アジアに拠点を設置し世界展開を進めており、中でも台湾は、2009年にLDHグループが運営するダンス&ボーカル・アクトスクール「EXILE PROFESSIONAL GYM 台北校」を開校するなど、かねてより関係が深い。

また、EXILEは「放浪兄弟」と称され人気を集め、昨年末にはEXILE HIROが企画プロデュースを手掛ける総合エンターテインメント・プロジェクト「HiGH&LOW」も公開。現地の映画関係者は「近年、音楽だけでなく映画も韓国の作品が増えてきているが、日本映画は変わらず人気。先日台湾で公開された『HiGH&LOW』シリーズなど、EXILE TRIBEが出演する映画は台湾の若い子たちにも人気があります」と話している。

5月19日からは、今作の台湾配給も決定。この日も取材に現地メディアが20媒体以上集まり、異国の地でも注目の高さを示す形となった。(modelpress編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません