山崎賢人、ハプニングに“優男”対応 川口春奈「だからみんな大好きになる」

エンタメ
モデルプレス
2017/02/17 19:07
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

音声が途切れたマイクを自らのマイクと交換する山崎賢人 (C)モデルプレス

【川口春奈・山崎賢人/モデルプレス=2月17日】川口春奈と山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)が17日、都内で行われたW主演映画『一週間フレンズ。』(2月18日公開)のイベント「いちフレ前夜祭」に登壇。ステージ上で起きたマイクトラブルに、山崎が機敏な対応を見せた。

【さらに写真を見る】山崎賢人、ハプニングにも機敏に対応

トーク中、MCのマイクの音声が突然途切れる不具合が発生。一瞬、進行がストップしたが、MC側にいた山崎がすぐに椅子から立ち上がり、自らのマイクを差し出した。

その後も何度か音声が途切れ、そのたびにマイクを交換しようと立ち上がる山崎にMCは思わず「優しい…」と一言、川口も「優しい。だからみんな大好きになるんですかね」と笑顔。観客からは「優男(やさお)!」との声が飛んでいた。

◆初共演の2人 印象は?

アニメ化、舞台化もされた葉月抹茶氏のベストセラーコミックを実写映画化。“友達の記憶”を一週間で失ってしまう記憶障害を持つ藤宮香織(川口)と、初めて彼女に会った日から心惹かれ、「友達になってください」と想いを伝え続けるクラスメート・長谷祐樹(山崎)の青春ラブストーリー。

川口は初共演となる山崎の人柄について「いい意味で壁がなくて、スッと入り込めるような方で、『良かった〜』と思ったし、山崎くん演じる長谷くんが大好きに、大好きになっていったのを覚えています」と振り返り、山崎は「ありがとうございます」と照れ笑い。山崎も「春奈ちゃんもすごい壁を感じない人だったので、自然と話しにいけたっていう感じでした。すごい接しやすい、話しやすいので自然と仲良くしてもらえたかなと」と話した。

イベントでは劇中のシーンにちなみ、全国から寄せられた“友だちになってください”ポーズ写真をスクリーンで紹介したほか、直筆メッセージを集めた“いちフレ応援ボード”も登場し、公開前夜を盛り上げた。(modelpress編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません