夜職にいくまで@

 
めずらしく 自分のことをちょこっと。



夜職といえば 都心のガールズバーから始まって
気づいたら 銀 座のクラブに腰を据えてたんだけど

「将来の夢はキャバ嬢です!」
というのがニュースに取り上げられたり

ましてや「クラブのホステス」なんて世間からは目も当てられないほど当たり前だけど嫌煙され
そもそも夢はキャバ嬢なんていうアホな女の子も
当然ながら一般的には少ない部類


なぜなら嫌がられるような仕事だから。



見知らぬ男(クラブの場合は爺含む)の隣に座って
お酒注いで愛想笑いしながら延々話しを聞いたり
たまの膝や手へのボディタッチくらいはある訳で
「普通の感覚」だったら
「キモイ」とか「無理!」とか思うのが当たり前。


じゃあ「キモイ」と思わなかったの?
どうしてやったの?


っていうところを、つらつらと書いていこうと思います。

しおり
記事一覧を見る

ららの人気記事

  • 銀〇ホステスになってから
    投稿日時:2018-03-16 22:43:02
  • ねみぃ
    投稿日時:2019-10-09 23:10:46
  • あー
    投稿日時:2019-05-24 19:50:19

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

お悩みカテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ