祖父「金は俺が出す。彼女の身元調査しろ」

俺の実家のお隣さんが白いラブラドールの花子(仮)という犬を飼ってた

実家はど田舎の谷間のどん詰まりの地区とはいえ、よその犬はみんな繋がれてるのに花子はフリーダム
ラブラドールって大きいから繋がないとだめだろ、と思うけど
犬猫は嫌いな俺の祖父が「花子は無害だからいいんだ」と妙に庇う

俺母いわく、花子は大人しくて人懐っこくて、犬が嫌いな俺祖父もメロメロになってるらしかった
実際、たまに俺が帰省した時も花子は尻尾ふりふり近づいてゴロンとお腹を見せて寝転がりお腹を撫でたら喜ぶ愛嬌のある子だった

その花子が、俺が結婚考えてる彼女を実家に連れてった時、俺宅と隣家の境で昼寝してた
彼女は犬好きだから花子の頭を撫でたら、なんと花子は歯を剥き出しにして気が狂ったように吠え出した

噛みつきはしないけど、彼女の周囲をぐるぐる飛びはねて唸り吠え続ける
飼い主であるお隣さんがビックリして連れてってくれて、その後は当たり障りなく俺家族と彼女で食事をして帰った

でもその後、祖父と親と妹弟からバラバラに

「花子があんな態度とるの初めて見たから心配。彼女のことよく調べてみたら」と連絡が来た


正直、隣の犬>>(越えられない壁)>>>俺彼女っていう感覚に愕然としたけど
祖父が「俺が金を出す。頼むから身元調査させろ」と何度も連絡してくるから任せ結果、彼女は日本人じゃなかった

話に聞いてる家族構成と別に腹違いの兄弟もいたし
カタギじゃない親類もいた

それを追求したら「プライバシーの侵害だ!」と激怒されたり別れないとすがられたりごたごた揉めたけど結局別れた
花子には祖父が高級な缶詰を1ケース進呈してた

それから数年後、次の彼女を実家に連れてったら、彼女は犬が苦手なんだけど
花子がめっちゃ尻尾振って腹を見せたから「彼女は大丈夫だな」と思って結婚を決めた
その花子が最近死んだと聞いたので追悼したくて書いた





しおり
記事一覧を見る

ゆまの人気記事

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ