私の父の趣味の一つだった切手帳が

私の父の趣味の一つだった切手帳が残っているのですが、他の方にお譲りしたいと思っています。


一枚単位の切手も多いため全てまとめて売却できれば大変ありがたいです。


かなり気を遣って保管していたので父がきれいにとっておいた切手を、大事にしてくれる方に渡せるようにしたいです。


改めて見て、いろいろな切手があると思いました。


「さあ切手を買い取ってもらおう」という時、切手を買取してくれる業者に直接行くだけでなく「宅配買取」してもらう方法もあります。


その際、送料無料になったり、梱包材まで買取業者が提供するという場合もよくあります。


ただし、ある程度の量を買取に出すという場合でなければ、サービスしてもらえないかもしれないので気を付けましょう。


お年玉付き年賀はがきの末等が当たり、気がつくと意外に貯まっていました。


考えてみると、官製はがきを使うことはありますが、後は電子メールで年賀切手を貼るような文書はなく、切手を使うことはないと気づきました。


金券ショップで切手を売れると知って、休みの日に、使わない切手を全部持って行きました。


簡単な書類を読まされ、運転免許証を調べられましたが、使わない切手を引き取ってもらい、お金ももらえたのでうまく不要品処分ができました。


通常の場合、切手というものは郵便物に貼られ消印が押され、役目を終えると必要がなくなります。


ですが、そんな古い切手も、デザインの良さや、レア度によっては、買取価格が高い値段になることもあります。


万が一、あなたの手元にある古い切手の価値が自分では分からないというのなら、古切手の買取を行っている業者の査定を受けることをおすすめします。


切手とは、既に郵便料金を払い終わっているということを表したもので、郵送したいものに貼って使います。


多種多様な切手が存在し、いろいろな絵柄が描かれたものが販売されており、往々にして一枚一枚の値段もそう高くないので、コレクション的に楽しむには最適です。


もし切手収集をしていて、要らないような切手があったという場合、売ってしまうのもいいのではないでしょうか。

しおり
記事一覧を見る

MR-2の人気記事

  • バラの切手でも買い取ってもらえ
    投稿日時:2017-06-26 03:42:06
  • 額面以上の値がつく切手は多く、集めている
    投稿日時:2017-11-29 22:54:06
  • 毎年、梅雨の時期にはカビが気になります。
    投稿日時:2017-06-25 03:18:07

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ