お年玉付き年賀はがきの末等が当

お年玉付き年賀はがきの末等が当たり、使うことがなく、貯まっていくばかりでした。



私の場合、懸賞などにはがきを使うことはあっても、年賀切手を貼るような文書はなく、切手を貯めておいても仕方ないと思いました。

身近に金券ショップがあり、仕事がない日に、不要な切手を買取コーナーに持ちこみました。


サインと身分証明書の提示は必要でしたが、使わない切手を引き取ってもらい、お金ももらえたのでこれからも金券ショップを利用しようと思いました。「使い終わった切手に値段なんてつかない」と思っている方も多いと思いますが、実際には考えてもいない結果になる可能性もあるかもしれません。古いものの中でも、状態がよく集めている人にとっては魅力的なものだった場合、既に使用してしまった切手であろうとも買取してもらえる可能性もあります。


仮におうちにそんな切手が残っていたとしたら、まずは切手買取業者に連絡をしてみることをお勧めします。
周知のとおり、元々、切手はふつう、郵便物に使う形に一枚ずつ分かれているわけではありません。

初めはその様な切手が数枚まとまった、切手シートという状態で出来上がります。切手の買取の場合、切手シートの状態だったとしても買取でき、バラバラになっている切手の形で買い取られるより買取価格が高くなることがよくあります。

決して実用的とは言えない外国切手であっても、デザインが海外ならではの物であったりすることが多くある程度の人気を集めており、案外集められている切手でもあります。


そのため、買い取ってくれるようなお店も数的には少なくはないのですが、希少価値が高くないものだったり、ただ集められただけの不揃いなコレクションは取り扱ってくれないことも多いです。皆さんは切手にどういう意味があるかご存知ですか。切手は郵便料金をもう払っているということを表すためのもので郵便物に貼って使います。
切手一枚一枚に、いろいろな絵柄が描かれたものが販売されており、一般的に、一枚当たりの価格は比較的手に入れやすいので、コレクション的に楽しむには最適です。


あなたがもし切手を集めることを趣味にしており、要らない切手が出てきたら、売ってしまうのもいいのではないでしょうか。

しおり
記事一覧を見る

MR-2の人気記事

  • バラの切手でも買い取ってもらえ
    投稿日時:2017-06-26 03:42:06
  • 毎年、梅雨の時期にはカビが気になります。
    投稿日時:2017-06-25 03:18:07
  • 額面以上の値がつく切手は多く、集めている
    投稿日時:2017-11-29 22:54:06

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ