花粉症の仕組み



辛い症状で悩んでいる人が多いのが花粉症ですよね。毎年初め位に花粉予報が出されますよね。その花粉予報を見て「今年は多いんだ」と残念な気持ちになる人も多いでしょう。では花粉症の仕組みをきちんとここで知ってみてはいかがでしょうか。

花粉症と言うのはスギやヒノキ等の花粉によって引き起こされるアレルギー性疾患の事を指しています。花粉が目の粘膜や鼻の粘膜に付着する事でアレルギー症状が出て来てしまいます。花粉が鼻から体内に吸い込まれてしまうと花粉からアレルギーの原因物質である抗原と言うのが溶け出してしまいます。抗原は体内では異物とみなされますのでこの抗原と戦う為に抗体と言うのが体内で作り出されます。抗体が抗原を攻撃する際、ヒスタミンを初め、いくつかの攻撃物質を出して抗原を攻撃します。そして身体から抗原を排出しようとするのですが、このヒスタミン等の攻撃物質が神経を刺激してしまう事があり、それが炎症として出て来てしまうのです。その炎症がくしゃみ、鼻水、目の痒みと言った症状で現れてきてしまうのです。昔はアレルギーを起こす物質自体が花粉の中に入っていると医学的に考えられていましたが、近年新たな考え方になってきて外側の膜の表面部分に多くアレルギー物質が有る事が分かってきた様です。こうした仕組みによって花粉症の症状が現れる事が分かっています。花粉による影響を受ける方、受けない方がいますが、神経を刺激されやすいかどうかで症状が出る出ないが分かれるかもしれませんね。





坂本善三美術館のホテル・旅館ネット予約
備前長船刀剣博物館 ホテル・旅館徹底比較
浅草寺のホテル・旅館サイト


しおり
記事一覧を見る

xx99wwの人気記事

  • 口臭が気になりますか
    投稿日時:2020-02-09 02:55:19
  • 口臭の原因について
    投稿日時:2020-02-09 06:52:10
  • 運動ダイエットでの消費カロリー
    投稿日時:2020-01-24 01:20:21

おすすめトピックス

ビューティカテゴリーランキング

ダイエットカテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ