11/10 幼子を危険にさらした無知無関心な大人達

アウトドアシーズンは自然の怖さを知らない無知な人間が遊園地感覚ではしゃぎ回り、此方がヒヤリとする事が沢山あります。

これは11/10(日曜日の昼頃)観光客がワンサカ押し寄せた曽爾高原上にある倶留尊山の岩場斜面の出来事です。


【1枚目画像】
山頂手前の岩場で、今日は登山者が多いですね〜♪という画像をカシャリと写している間に、『上から石を落としたら危機なので、登山道ですれ違う時は登り優先★』を無視して小学生高学年の子供四人がキャー♪キャー♪と悪ふざけしながら危なっかしく岩場の急斜面をダダダダっ★と掛け降りてきた。

危ないなあ〜!ココは街中の安全な公園じゃ無いぞ★こんな危険な場所を走るなんて、引率者は何も注意してないのか?と思っている間に、その子供達はダダダダっ★と下って行った。

修羅場はその直後・・・

『お姉ちゃんまってー!』と上から声がして、見るからに保育園か小学生低学年位の幼い女の子が岩場をぎこちなくヨチヨチ降りて来て、岩を踏み外して滑り落ち斜面に着地★汗!!!

それでも下ろうとしたのを見て、『ダメだ!降りるな!お父さんお母さんと一緒に降りろ★』と僕が怒鳴ると女の子はビックリして立ち止まった。


【2枚目画像】
前を歩いていた夫婦の方が、僕の声を聴いてすぐさま女の子のそばに行って女の子をなだめる。でもなかなか保護者らしき人は降りて来ない。

しびれを切らせた女の子が再び下ろうとして夫婦様が、『止まりなさい!お父さんお母さんと一緒に降りなさい!』と女の子を叱って静止させる。

そりやそうだ。遊園地感覚でキャーキャー高テンションで下って行った子供達を幼い女の子が追っかけて行ったら落ちて怪我くらいで済めばいいが、谷に滑落して死んでもおかしくない。

するとやっとこさ二名の保護者らしき男性二人が下ってきた。コラコラ〜★山頂は真近くだからこの修羅場はアンタらに十分聞こえてただろう?



しかしその二人は夫婦さんと僕に『すいません』と言わず、この場の責任逃れするかように何もなかったふりして社交的『こんにちは』だけしてハイ終わり。

あ〜こんなザコに子供を引率する資格は無いな。バカらしくなって怒りも呆れとなり、さっさと通りすぎました。

それにしても夫婦さんの状況対応は素晴らしくて拍手ものでした♪いろんな経験を積んだ方だと思います。

しかし★もしこの場に夫婦さん&僕がいなかったら?と考えたらゾッとしました。

周りに大人は10人近くいたのに危険回避対応したのは夫婦さんと僕の3人だけで、女の子が危ないのにスルーして登っている無関心な人も数人いた。。。

幼い子供の命より自分の娯楽の方が大事ってか?苦笑


しおり
記事一覧を見る

清掃登山犬ハルの人気記事

  • 6/29 度会町 獅子ヶ岳清掃登山
    投稿日時:2019-07-30 11:26:06
  • 9/15 奈良県 弥山〜八経ヶ岳清掃登山1
    投稿日時:2019-10-10 19:25:58
  • 6/15 松阪市 堀坂山清掃登山
    投稿日時:2019-07-16 18:49:36

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

ペットカテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ