jpaeirpaerpoのblog

男性ホルモンは勃起の強さを握っている

男性ホルモンは勃起の強さを握っている

性的興奮がなければ、男は勃起しません。

神経のところで、この性的興奮が男性器まで送り届けられないから、勃起に障害が起こると説明しました。

しかし、生殖器官が衰えると、送り届ける性的興奮すらできあがらないという事になります。

つまり、シアリス 通販勃起以前に精力や性欲が衰えるのが特徴になります。

男の性的興奮は五感によって脳が一番初めに誕生させます。その誕生させた小さな性的興奮を男性ホルモンによって育てていくという流れになります。

例えるなら、脳が種を作り、男性ホルモンがその種を育てる肥料だと思ってください。その肥料の保管するための倉庫が生殖器官ですね。

名称未設定-2

生殖器官が衰えるということは、性的興奮の種を育てる肥料が少なくなってしまうということです。

そうなると、種はなかなか育たちません。

少し育って、神経によって男性器に送り届けられたとしても、性的興奮は小さいため勃起神経は蛇口をいっぱいに開いてくれません。

そうなると、威哥王血液は男性器へ大量にがなれず、勃起が強くならないんです。

要は性的興奮の大きいさは勃起神経に「蛇口をどれだけ開くか?」という支持の大きさになるわけです。
まとめ

以上が心因性EDと器質性EDのカラクリになります。

勃起のメカニズムとともに、どの器官や機能が勃起に携わっているのか?が何となくつかめたと思います。

同じ「勃起が弱い、中折れしてしまう」という症状でも、身体の中で起こっている問題は違っているんです。

これって「自分がどんな理由で?どこに問題があって?勃起に障害が起こっているのか」がわからないと、どんな的確な対策はわからないということを意味しています。

それでは次回、「どうして、勃起に関わる器官(自律神経、血管、生殖器官、抹消神経)弱ってしまうのか?衰えてしまうのか?」という部分を紹介していきましょう。

言うならば、心因性EDや器質性EDになってしまう原因です。

心因性EDに関してはストレスが主な原因になるので、今回より深く説明していこうと思います。

トピックス

ブログランキング

人気のブログテーマ記事

テーマ:生まれ変わったら男になりたい..

grp

GRP