血管の状態が勃起に大きな影響を与える

血管の状態が勃起に大きな影響を与える

勃起をするためには上記で説明した通り、神経を使って性的興奮という荷物を脳から男性器まで運ばなければなりません。

血管の問題で勃起障害が現れるのは、この性的興奮が男性器にきちんと届けられた後のことになります。

勃起のメカニズムとして、興奮を男性器付近の末梢神経である「勃起神経」が受け取って血管と男性器へある指示を出します。

その支持というのが、「シアリス 通販男性器の海綿体に血液を流し込め」というもの。

水道の蛇口のような感じだと思ってください。

acb51868e42abd92a61682bb385e30d8_m

性的興奮が勃起神経まで届くと、この血管と男性器はその支持にしたがって、血液を流し込もうとします。

しかし、この時に血液を運ぶ動脈の血管が狭くなっていると勢い良く男性器へ血液が流れ込みません。

そうなると、威哥王勃起しにくくなり、勃起を保つことが難しくなります。

ちなみに、血管が狭くなるのは動脈硬化が1番の原因だと言われています。
生殖器官の衰えが勃起に大きな影響を与える

神経、血管につづいて勃起に多大な影響をあたえるのが生殖器官の衰えです。

生殖器官とは睾丸、副腎などといった、性的興奮の源である男性ホルモンを分泌する器官のことです。

男性ホルモンが勃起障害と重要な関係にあることは、ほとんどの男性が知っていると思います。そこで、男性ホルモンがどのように関係していて、どのような理由で勃起に影響を与えているのかを紹介します。

加齢に伴い男性ホルモンは低下する傾向にあります。個人差はありますが、25歳をピークにして男性ホルモンは年々低下していっているということを覚えておきましょう。

まず、男性ホルモンは勃起とは直接的な関係はありません。

神経によって男性ホルモンが男性器まで送り届けられるわけでもありません。

しかし、男性ホルモンはかなり重要な存在です。

なぜかというと、男性ホルモンがなければ、性的興奮が生まれない、または強くならないからです。

しおり

記事一覧を見る

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング
ピックアップブログ
新着おすすめブログ