新桃太郎

話其の弐拾壱/未来

村に帰った桃太郎は、人間達を説得して回った。

自分の住む村、そして周辺の村々も。

そして人間社会の中で少しずつ、自然保護に対する意識も、より高まってゆく。

数年後には、人間と鬼との交流も始まる。

桃太郎がその橋渡しをしたのだ。

そして少しずつ人間の社会の中に鬼が、鬼の社会の中に人間が、交ざる様になっていき、自然保護という点においては、協力関係を強める事も出来た。

そして桃太郎が鬼との話し合いをしてから十年後以降も、人間と鬼は共存の道を歩んでゆく事となる。

そんな中で、人間と鬼との交配も行われる様になってゆく。

そして世代が代わる度に、血の交ざった人間や鬼が増えていく事となり、そんな中で、今度は差別という問題を抱える様にもなる。

そして時には争い、時には共に笑い、幾つもの時を重ね、幾つも世代を超えて、いつしか人間と鬼との間に種としての違いは無くなってしまう。

それでも、争いや差別を無くす事は出来なかった。

種としての違いが無くなろうとも、個としての違いが無くなる訳ではない。

だから、争いや差別は解決しても解決しても、次から次へと生じてきてしまう。

そんな中でも、この世界を守る為に協力が出来る所は協力をしながら、歴史を積み重ねてきた。

そして、これからも争いや差別を無くす事は出来ないだろう。

でも、それでいいのだ。

例え、争いや差別が悪いものだとしても、その悪いものを無くしてしまったら、何が悪いのかが判らなくなってしまうだろう。

悪いものに対して改善しようとする、その過程を通じて、物事の本質に近づく事も出来るのではなかろうか。

だから、争いながらも、この世界を守る為、諦めずに、それぞれが、それぞれに、出来る事をやっていきながら、協力が出来る所を模索して、出来る所は協力をする。

そうやって、歴史を積み重ねていくしかないのだろう。

それは、これまでも、これからも、何も変わらない。

そして、この世界は、まだまだ続いていく。

少しずつ、少しずつ、形を変えながらも、諦めない限りは、ずっと、ずっと続いていく。

めでたし、めだたし。

トピックス

ブログランキング

人気のブログテーマ記事

テーマ:異性の見た目で一番最初に見る..