新桃太郎

話其の弐拾/帰り道

周囲が宴会の準備を進める中、桃太郎はすぐに帰ろうとする。

「済みませんが、俺は帰らせて貰いますね」

「腹減ってるんだろ!?折角なんだから食べていけよ」

岩どんが桃太郎に言った。

「お腹は空いていますが、村の皆に早く知らせたい」

「別に明日になったからって、そんなに違わないだろ」

「村の皆を早く安心させてあげたいんです」

「そっか」

岩どんが応えた。

続けて、周囲の者達に大声で知らせる。

「おーい!桃どんは帰っちゃうってさ〜」

それを聞いた周囲の者達は手を止めて、桃太郎達の近くに集まって来た。

「申し訳ありませんが、一早く、村の皆を安心させてあげたいので、今日は帰らせ頂きます。此処には父も母もいるので、また近い内に寄らせて頂きますので、その際には、宜しくお願い致します」

桃太郎が周囲の者達に挨拶をした。

「そうか。残念だが、仕方がない」

「ちぇっ、折角、美味い酒が飲めると思ったのに」

「また、来いよ〜」

周囲からは様々な声があがる。

「お前達はどうする?」

桃太郎が動物達に訊いた。

「お前が帰るなら、俺も帰るよ」

猿が応えた。

「俺も帰る」

犬が応えた。

「じゃあ、俺は先に帰るね。嫁さんが待ってるから」

雉は、そう言って飛び立って行った。

そして菊どんと桜ちゃんが桃太郎に寄って来た。

「お腹が空いてるだろう。蒸し芋を入れておいたから、帰り道でお食べ」

桜ちゃんがお弁当を桃太郎に渡す。

「とにかく元気そうでなによりだった。しっかりやるんだよ」

菊どんが桃太郎に声を掛けた。

「ありがとうございます」

桃太郎は二人に礼を言った。

「それじゃ、俺が送って行こう」

岩どんが言った。

岩どんと一緒に、桃太郎と犬と猿は舟に乗って鬼ヶ島を離れていく。

舟の上で桃太郎が蒸し芋を頬張る。

「お前、そんなに腹が減っていたのか!?」

犬が桃太郎をちゃかした。

「そりゃあ、そうだよ。お前達は黍団子を食べたからいいけど、俺は何も食べていなかったんだよ」

「俺にも、少しくれないか?」

猿が桃太郎にねだる。

「お前、まだ食べるの!?」

桃太郎が猿に訊く。

「なんか、お前が食べてるのを見てたら、美味しそうだから」

「それは言えてるな」

猿が応え、犬が同調した。

「仕方がないな。ほら」

桃太郎は一つの蒸し芋を二つに割って、犬と猿に渡した。

それを犬と猿が食べ始める。

「岩どんも食べますか?」

桃太郎が岩どんに訊いた。

「俺の事は、お構いなく」

岩どんは苦笑した。

そして対岸に着き、桃太郎達が舟を降りると、岩どんは一人、鬼ヶ島へと戻って行く。

桃太郎達は来た道を帰る。

峠の途中で猿と別れた。

そして桃太郎が犬に訊く。

「お前は、うちに来るかい?」

「いいのか?」

「構わないよ。きっと爺ちゃんも婆ちゃんも喜んでくれるよ」

「だったら、お言葉に甘えさせて貰おうかな」

桃太郎と犬は峠道を村に向かって帰って行く。

トピックス

ブログランキング

人気のブログテーマ記事

テーマ:ズバリ、「夏」で一番に思い浮..

grp

GRP