ニセコ (2)




ランキングヘ







北の大地に宮沢賢治の足跡を追っていきます。






羊蹄山と有島農場
(2)





「函館より小樽へ

 函館より夜行11時の列車に乗り夜の大沼公園を眺めいつしか深い睡りにおちいりその夜ををば夢の間に過ぎて夜のほのぼのと白む頃は北海の広野を汽車は走つてゐた

      
〔…〕

 後方
〔しりべし〕の羊蹄山は前後 噴火口 輻射谷が摸型的に達せり 焼畑 此の位の傾斜を開懇せりとせば岩手の里は猶開拓の余裕あり

 切株 雪中に於てせしもの

 汽車の進むにつれて後方羊蹄山眼前に屹然としてたち噴火口も見え摸型的な輻射谷が一層瞭然として窓外半身を出した時も山容の変り移りにつけて説明を■つた

 一は耕助一は草地交々錯雑せる■に生徒の驚異を抱くも無理からぬことなればその説明も与へて満足せしめた、斜傾地を開拓して裁培せるを見ては斯く傾斜激しき地猶ほ耕作に利用すとせば岩手の里にまだ\/開墾の余裕あることを知らせて開墾の必要を説く」

『白藤慈秀日記』より。





 1924年5月に賢治と、同僚の白藤教諭が生徒たちを引率した花巻農学校修学旅行では、ニセコ付近は往路に汽車で通過しただけでしたが、『白藤日記』にはそのようすが詳しくメモされています。賢治の『修学旅行復命書』にニセコの記述がないのは、この部分の執筆は白藤氏が分担していたためと思われます。






∇ つぎの記事⇒:ニセコ (3)

∇ ひとつ前の記事⇒:ニセコ (1)

.
しおり
記事一覧を見る

ギトンの人気記事

  • 南昌山と毒ヶ森(3)
    投稿日時:2018-11-24 23:25:02
  • 札 幌 (4)
    投稿日時:2018-11-03 18:30:03
  • ハームキヤ(17)
    投稿日時:2018-08-06 04:18:09

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ