ハームキヤ(19)




ランキングヘ






花巻市内の宮沢賢治関係箇所




 宮沢賢治は詩や童話の中で、花巻を「ハーナムキヤ」「ハームキヤ」「ハームキャ」「ヒームキヤ」などと呼んでいました。






「りんご博士」と“金皮りんご”




 花巻市東郊、猿ヶ石川にかかる「安野橋」は「ハームキヤ(16)」で訪ねましたが、橋の近くに、“りんご博士”の愛称で親しまれた島善鄰
(よしちか)の碑があります。この“りんご博士”は、ファンタジー詩「真空溶媒」に登場する“金皮(きんかわ)りんご”と深い関係があります。

 そこから花巻市内の宮澤宅にかけて、賢治童話の舞台が散在しています。

 今回は、賢治のファンタジー詩と童話のふるさとを訪ねてみるとしましょう。







堰袋児童公園

すべり台のある公園。
奥に島博士の碑があります。




島善鄰顕彰碑 
堰袋児童公園

「島善鄰此の地に生れる」とだけ書かれ、
「苹果あることに/我は楽し」との善鄰の
言葉が添えられた簡素な碑文↑に
好感が持てます。



「島善鄰は、花巻城下の武士、島家の直系として 1889年8月27日に生れました。

      
〔…〕

 善鄰は、盛岡農学校から盛岡中学、仙台第一中学を経て、東北帝国大学農科大学(現在の北海道大学)に進み、郷土の大先輩・佐藤昌介の教えを受けることになります。

 卒業後、母校の助手を務めた後、1916年から青森県農事試験場の勤務となり、翌年には『青森県苹果減収の原因及び其の救済策』を表わし、リンゴ栽培の研究と指導にあたり、青森リンゴ隆盛の基を築きました。

 1918年には花巻町の豪商で貴族院議員・四代目瀬川弥右衛門の妹浦子と結婚しています。

 1922年には、欧米に出張中に発見したゴールデンデリシャスをアメリカから初めて導入し、国産リンゴの品種改良に寄与するとともに、一方でその栽培法において優れた成果を上げ、『リンゴ博士』と呼ばれるようになりました。

 1927年から母校で研究や指導にあたり、1931年には名著『実験 リンゴの研究』を発刊して、科学的な栽培技術を紹介しました。」

現地の説明板(花巻市教育委員会)より。





 上の説明を見ると、花巻の当時の最上層、エリート士族に属した人のようです。佐藤昌介は、↓このあとの『黒ぶどう』の邸にも関係する花巻城代の家臣の家柄。瀬川弥右衛門は、賢治の叔母にあたる悲劇の女性↓宮澤コトの嫁ぎ先で、花巻第一の富豪です。

 宮澤家の一族は、これらエリート層の次位にある新興実業家層、ようするに成金階層でした。

 “リンゴ博士”が賢治作品に登場するのは、下の「真空溶媒」ですが、賢治は、エリートの一人である島博士を敬愛しつつも、多少のやっかみを交えて諷刺の対象にしていることがわかります。


∇ 参考記事(宮澤コト)⇒:
〜ゆらぐ蜉蝣文字〜 8.4.18

∇ 参考記事(宮澤コト)⇒:
〜ゆらぐ蜉蝣文字〜 9.3.15






「むかふを鼻のあかい灰いろの紳士が
 うまぐらゐあるまつ白な犬をつれて
 あるいてゐることはじつに明らかだ

  (やあ こんにちは)
  (いや いゝおてんきですな)
  (どちらへ ごさんぽですか
   なるほど ふんふん ときにさくじつ
   ゾンネンタールが没
(な)くなつたさうですが
   おききでしたか)
  (いゝえ ちつとも
   ゾンネンタールと はてな)
  (りんごが中
(あた)つたのださうです)
  (りんご、ああ、なるほど
   それはあすこにみえるりんごでせう)

 はるかに湛
(たた)える花紺青の地面から
 その金いろの苹果
(りんご)の樹が
 もくりもくりと延びだしてゐる

  (金皮のまゝたべたのです)
  (そいつはおきのどくでした
   はやく王水をのませたらよかつたでせう)
  (王水、口をわつてですか
   ふんふん、なるほど)
  (いや王水はいけません
   やつぱりいけません
   死ぬよりしかたなかつたでせう
   うんめいですな
   せつりですな
   あなたとはご親類ででもいらつしやいますか)
  (えゝえゝ もうごくごく遠いしんるいで)

 いつたいなにをふざけてゐるのだ」

『春と修羅』「真空溶媒」より。


∇ 本記事はこちら⇒:
〜ゆらぐ蜉蝣文字〜【21】真空溶媒 2.1.7






 「真空溶媒」は、「朝の幻想曲(eine Phantasie im Morgen)」の副題をもつ、詩集『春と修羅』の中では異色のファンタジー詩です。特定の現場体験にもとづく“心象スケッチ”とは異なって、内容はかなり物語風に構成されています。

 登場人物の何気ない発言が、まわりの世界をそれに合わせて変貌させてしまうのが、このファンタジーの特徴です。「金いろの苹果」は、島博士の導入した「ゴールデンデリシャス」を冗談化したものでしょう。そのリンゴを「金皮のまゝ」食べた人が中毒して死んだというエピソードは、成金風の「赤鼻紳士」とともに、富豪階層を諷刺しているように思われます。

 「ゾンネンタール」は、ドイツ語で「太陽の谷」を意味しますから、島博士の生地である↑堰袋‥猿ヶ石川の谷間を指しているかもしれません。成金の「赤鼻紳士」は、「ゾンネンタール」と「ごくごく遠いしんるい」だと云うのですが、‥‥たしかに、宮澤家と島家は、豪商瀬川家を介して姻戚関係にあります。金満家の半面、単純で憎めない「赤鼻紳士」は、宮澤一族の誰かかも。。。

 賢治は、白葡萄液を水で薄めたものを「王水」と称して、教え子たちにふるまっていたそうですから、王水を飲ませて蘇生させるという冗談にも根拠があるのです。もちろん、この詩の「王水」は、本物の濃塩酸・濃硝酸の混合液で、金を溶かす劇薬です。






∇ つぎの記事⇒:ハームキヤ(20)

∇ ひとつ前の記事⇒:ハームキヤ(18)


.
しおり
記事一覧を見る

ギトンの人気記事

  • 南昌山と毒ヶ森(3)
    投稿日時:2018-11-24 23:25:02
  • 札 幌 (4)
    投稿日時:2018-11-03 18:30:03
  • ハームキヤ(17)
    投稿日時:2018-08-06 04:18:09

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ