キオート(10)




ランキングヘ





京都をエスペラントで「キオート」と言います。

京都での宮沢賢治の足跡をたどります。






京都の風――嵐山・金閣











      ※

 冴えわたり
 七つ森より風来れば
 あたまくらみて
 京都思ほゆ。

『歌稿B』#622.



 これは、修学旅行の翌年の賢治短歌ですが、「七つ森」を遠方に眺めて詠んだもの。たしかに、盛岡からは「七つ森」が遠くに見え(↓写真参照)、また、そっちのほうから雫石川の河谷を抜ける西風が吹きつけて来るのですが、‥‥さて、どうしてまた「京都思ほゆ」なのでしょうか?







遠景の七つ森

盛岡市下太田から



∇ 関連記事(七つ森)⇒:
【七ツ森(1)】


∇ 関連記事(七つ森)⇒:
【七ツ森(4)】


∇ 関連記事(七つ森)⇒:
【七ツ森(6)】








 おそらく、河谷をわたって来る西風とともに、京都の匂いが運ばれてくるように感じたのは、七ツ森に似たけしきを京都で見たからではないでしょうか?

 そう考えてみたギトンは、京都のあちこちへ行って、岩手県の七ツ森に似た、小さなまんまるい山の並んでいる風景を探してみたのですが...

 賢治が修学旅行で踏んだ場所はぜんぶ行ってみました。その結果、ここではないかと思われたのは、金閣寺の附近でした。



 金閣寺は、修学旅行で京都に着いた最初の日に訪れています。この日の日程を、同級生の『修学旅行記』↓で見てみますと:





「風景の美を以つて誇れる嵐山は、一種雄大なる自然美を発揮し、桂川の清流にその影を流し、渡月橋はこの清流に架せられ、一層の風趣を添へてゐる。山へ登る時間もないので桂川畔より眺めて後電車にて金閣寺へ行つた。

 金閣と云ひ庭園と云ひすべて当時義満公の栄華を極めたる有様は充分に偲ふことが出来る。

 こゝを見物し終りて、帰途に就き途中衣笠村役場を訪れ、村長より附近の農業状態等を聞いた。実に本村は都会附近として感心すべき処にて、全村殆んど農業にて商業工業を営むものは必ず一家を破滅せしむるものであると云ふ事を深く信じて、一生懸命農業に従事してゐるとの事にて、従つてみな富んでゐて実に模範とすべき村である。

 一同此処を辞し去り北野神社に参拝し、それより電車に乗して旅館なる三条の西富家に向つた時に午后四時半日漸く西山に傾かんとしてゐた。」

(「農学科第二学年修学旅行記」「三月二十三日(原勝成執筆)」, in:『校友会会報』,第31号,1916年7月;『新校本全集』14巻・校異篇,pp.19-20.)



 この日は、朝早く京都駅に着いて東西本願寺に参拝したあと、桂橋から徒歩で、現在の阪急・桂駅付近にあった府立農事試験場と農林学校を見学し、「タケノコ畑」で農家から筍栽培の説明を聞いて、桂川沿いに嵐山まで遡行しています。


∇ 関連記事⇒:キオート(2)







嵐 山 
桂川(大堰川)と渡月橋






 賢治たち修学旅行生の一行は、嵐山から金閣寺へ行っているのですが、その経路については、↓こちらのブログで詳しく考証されています。



 【参考】⇒:《宮沢賢治の詩の世界》:1916年修学旅行の京都(1)



 当時、嵐電はまだ四条大宮〜嵐山間だけだったので、四条大宮まで電車で行き、そこから市電で「千本今出川」または「北野」へ行って、あとは歩いたと思われます。ギトンは嵐電の「北野白梅町」から歩きましたが、写真を撮りながら歩いていたら、金閣寺まであっと言うまでした。一行が帰りに寄った衣笠村役場と北野神社も北野にあって、市電の停留所からすぐです。

 この日、桂橋から嵐山まで歩いた健脚の賢治たちにしてみれば、この距離は歩いたうちにも入らないでしょう。『修学旅行記』に「電車にて金閣寺へ行つた」と書かれているのは、そういうことなのでしょう。



 “金閣寺への道”をじっさいに歩いてみて、賢治が見た“七ツ森に似た山の風景”は、ここにちがいないとギトンは確信しましたが、‥それを写真でお目にかけるのはなかなか難しいのです。というのは、100年前の賢治の時代には、衣笠村長も、“純農業の村”を自慢しているように、このへんは田畑ばかりで高い建物は無かったのです。賢治が岩手の七ツ森を思い出しただろう・まんまるい小さな“うるうるした”山々のつらなりも、行く手の視野いっぱいによく見えたはずです。

 しかし、現在は、建物に隠されてしまって、山のけしきはほとんど見えないのです。。。







金閣寺(鹿苑寺)への道 
平野神社前

背景に小さな山がたくさん並んでいるのですが、
建物が邪魔になってよく見えません…



 しかし、金閣寺の境内まで行くと、さすがに邪魔する建物はありませんから、山々が見えるようになります。もう金閣どころじゃないw、うしろの山が見える写真を撮すので一所懸命です:




金閣寺(鹿苑寺)
庭園

背景に注目してください。
「七つ森」とよく似た山が並んでいませんか?




金閣寺(鹿苑寺)







 さて、賢治短歌の“京都の風”が解明されましたので、修学旅行でのほかの立ち寄り先:衣笠村役場・跡と北野神社に行ってみました。




衣笠小学校

衣笠村役場は、この学校の構内にあったそうです。
(↑《詩の世界》リンク参照)




北野神社

現在は「北野天満宮」と称する。




竜安寺 
庭園

鹿苑寺の西隣り。ここからも背景の山々が見えます。





∇ ひとつ前の記事⇒:キオート(9)




.
しおり
記事一覧を見る

ギトンの人気記事

  • 南湖と大津(4)
    投稿日時:2018-03-18 17:28:18
  • 仙人峠と釜石(4)
    投稿日時:2017-08-05 01:29:27
  • トキーオ(21)
    投稿日時:2017-11-29 19:26:45

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ