南湖と大津(1)




ランキングヘ





琵琶湖をクジャクに喩えると、鳥の首のように
細長くなっている南端部を「南湖」と言うそうです。

大津と琵琶湖畔での
宮沢賢治の足跡をたどります。









逢坂山
(おうさかやま)と浜大津







地図 
旧東海道線と山科
旧山科駅跡の説明板に加筆。



 1921年までの東海道本線が、大津からななめに南下して稲荷山の南を大きく迂回していたことは、すでに取り上げました。この旧東海道本線は、山科と大津の間にある逢坂山をトンネルで越えていました。旧「逢坂山隧道
(ずいどう)」です。

 「隧道」の西口にある「大谷」駅は、現在の京阪・大谷駅とほぼ同じ場所で、ここで京津電車
(京津電気軌道。1912年開業。現在の京阪電鉄京津線)と連絡していました。「隧道」東口は、京津線の線路沿いにあります。東海道線の「隧道」と京津電車のトンネルが、並行して逢坂山を貫いていたわけです。それらの南隣りには、国道1号線の逢坂峠切通しがあります。

 しかし、旧「隧道」は高い場所にあったので、大津港のある琵琶湖岸(浜大津)へ直接下ると勾配が急すぎました。そこで、隧道東口から水平に現在の膳所
(ぜぜ)駅(当時の名称:馬場駅)まで行き。そこでスイッチバックして、(旧々)大津駅(現在の京阪石山坂本線・浜大津駅附近)へ向かいました。大津から先は、琵琶湖上の連絡船が長浜駅(現在は北陸本線)との間をつないでいました。

 1889年に関ヶ原駅-馬場駅間の陸上線路が開通したので、旧々大津駅へのスイッチバック線路は貨物線になりました
(のちに、京阪石山坂本線の軌道となり、旧々大津駅附近に浜大津駅が置かれます)。馬場駅(現在の膳所駅)は、1913年から1921年7月までは、大津駅と称していました(旧大津駅)。

 そういうわけで、宮沢賢治たちが修学旅行で来た1916年には、京都―稲荷―(旧)山科―大谷―(旧)大津
(現在の膳所駅)―米原の経路で、東海道本線が走っていました。







旧・逢坂山隧道 
東口
すぐそばを、京阪電鉄京津線と国道1号線が並んで走っています。

1916年当時の(旧)東海道本線は複線で、
トンネルが2本並んでいました。鉄道
遺跡として残されており、下り線(左側)
の内部には、京都大学地震予知研究所の
地震計が設置されています。




旧・逢坂山隧道 
西口

トンネル西口は、名神高速道路の敷地
の下になっています。






「八時宿を出で京津電車にて大津に向ふ。山科の辺を過ぐ。大石良雄に有名たり名所旧跡亦多し追分け過ぎて大津に着く。

 歩して数町三井寺に詣づ。
〔…〕
     
 帰りは二途に別れた。吾々は電車で大津に其れから和船で疎水を下つた。

 
〔…〕有名なるインクライン南禅寺を見て宿に帰つたのが六時他の途を通つた一行も最早帰つて居つた。」
(「農学科第二学年修学旅行記」「二十六日(三木敏明執筆)」, in:『校友会会報』,第31号,1916年7月;『新校本全集』14巻・校異篇,pp.21-22.)



「午前八時十二名よりなる伊勢参宮の一体は先生並に一同に厚く旅行中のご尽力を謝し、九時発の上り列車にて伊勢路に向かつたこの一行は人員最も多く僕も亦此の一員なれば僕は此の行について書かう。

 見送りに来て呉れた一同と互に健康を祝して汽車は勢よく京都駅を発した。草津を過ぎ逢坂の関を越え鈴鹿の突道を出でて
〔…〕
(「農学科第二学年修学旅行記」「二十八日火曜日(宮澤賢治執筆)」, in:『校友会会報』,第31号,1916年7月;『新校本全集』14巻・本文篇,p.17.)



 賢治は、逢坂山の場所をよく知らなかったのでしょうか?w‥ともかく、賢治たちを乗せた列車は、旧逢坂山隧道をくぐって大津、草津へ向かいます。



∇ 参考記事⇒:伊勢湾を越えて(1)







逢坂の関・跡 
「逢坂山関址」の碑
国道1号線の逢坂峠切通し付近の
道路脇にあります。
じっさいに関所があった場所は、
ここよりも大谷駅寄りだそうです。




逢坂の関・跡 
国道1号線




逢坂の関・跡 
大谷駅を出る京阪電車
駅ホームのすぐ先が京津線逢坂トンネル。

もと京津電気軌道・大谷駅。

(ただし、現在の大谷駅は約70m東に移動している。)

旧・東海道本線の大谷駅と連絡していました。
賢治たちは、このへんを走りながら、‘逢坂の関’
の古歌に思いをはせたのでしょうねえ。。。



 「逢坂」は旧仮名遣いで「あふさか」。「逢ふ」の掛詞になるので、たくさんの和歌が詠まれました。



 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関 (蝉丸)


 名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな (三条右大臣・藤原定方)


 夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ (清少納言)
『百人一首』より。




三条右大臣歌碑 
逢坂関跡






 逢坂の 関しまさしき ものならば あかずわかるる 君をとどめよ (なにはのよろづを)


 かつこえて 別れも行くか 逢坂は 人だのめなる 名にこそありけれ (紀貫之)

 
 音羽山 おとにききつつ 逢坂の 関のこなたに 年をふるかな (在原元方)


 逢坂の ゆふつけどりも わがごとく 人やこひしき ねのみなくらむ (不識詠人)


 逢坂の 関にながるる 石
(いは)清水 いはで心に おもひこそすれ (不識詠人)


 逢坂の ゆふつけ鳥に あらばこそ 君がゆききを なくなくも見め (閑院)


 逢坂の あらしの風は 寒けれど ゆくへ知らねば わびつつぞ寝る (不識詠人)
『古今和歌集』より。






湖上から見る
大津港

背景向って右が逢坂山。
港の奥に浜大津駅があります。






 三木敏明執筆の『修学旅行記』↑は、


「追分け過ぎて大津に着く。/歩して数町三井寺に詣づ。
〔…〕


 と書いていましたが、当時の京津電車は、「札ノ辻」駅
(現在の京阪・上栄町駅と浜大津駅の中間)が終点で、「浜大津」とはつながっていませんでした。

 賢治たちは、「札ノ辻」で降りて三井寺まで歩いたと思われます。






∇ 関連記事(旧東海道線)⇒:キオート(6)


∇ 次の記事⇒:南湖と大津(2)





.
しおり
記事一覧を見る

ギトンの人気記事

  • 南湖と大津(4)
    投稿日時:2018-03-18 17:28:18
  • ハームキヤ(17)
    投稿日時:2018-08-06 04:18:09
  • トキーオ(21)
    投稿日時:2017-11-29 19:26:45

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ