トキーオ(20)




ランキングヘ




 宮沢賢治は、童話の中では東京を「トケイ」「トケウ」「トキーオ」などと呼んでいました。「トキーオ」は、エスペラント語で東京のことです。


 東京での賢治の足跡をたどります。






田園調布
(1)




 前回(⇒トキーオ(19.3))、宮沢賢治は上高井戸の尾崎喜八宅で、チェロの手ほどきをしてくれる人として、新交響楽団員の大津三郎を紹介してもらったことにふれました。

 賢治は、じっさいに大津三郎からチェロの教授を受けることができたのでしょうか?‥‥




地図
(東京西部)



 尾崎は、前回引用した 1970年の戦後のテレビ番組で、「その時、高村さんの所に寄ったらしいんですよ。」と語っており、また、高村光太郎からの聞き取り(前々回)でも、

「あとで聞いたら、尾崎喜八氏の所にも寄られたさうで、何でも音楽のことで上京されたらしく、新響の誰とかにチェロを習ふ目的だつたやうです。」

 となっていますから、賢治が尾崎宅を訪問し、新交響楽団の大津三郎を紹介された時期が、高村アトリエ訪問と同じ 1926年12月上京のあいだだったのは、まちがえないと思われます。

 この時の賢治の上京目的は、オルガン、タイプライター、エスペラントを習うためでしたが、滞京中にチェロを手に入れたらしく(⇒:みちのくの山野草)、チェロの弾き方を誰かに教えてもらおうとして奔走したようなのです。

∇ 前回記事⇒:トキーオ(19)

∇ 前々回記事⇒:トキーオ(18)



 大津三郎の自宅は、当時の住所で「東京府荏原郡調布村大字嶺」にありました。「調布」といっても、現在の調布市とは別の場所です。

 こちらの「調布」は、現在は「田園調布」という地名に残っています。

 大津宅があった場所は、大田区千鳥と同区久が原の境界付近にあたります。




東急池上線・千鳥町駅 
大田区千鳥1丁目
宮沢賢治がここに通った当時、「慶大グラウンド前」
という駅名で開設されたばかりでした。




大津三郎旧宅・跡 
大田区久が原5丁目
正面の空き地とその周り。
左右に延びる路地(青い歩道標識がある)から手前が千鳥1丁目。



 さて、賢治が、買ったばかり(?)のチェロを抱えて↑大津宅に通ったのは、結論から言えば事実だったと言えますが、その時期などについては、謎が多くて判然としません。

 尾崎喜八は、1970年のテレビ番組では、

「(賢治は大津宅で)2時間ぐらいそそくさと(チェロの手ほどきを)やってもらって帰られたそうです。」

と語っていました。

 たった2時間で、チェロの弾き方の手ほどきができるとは、とうてい考えられませんが、その点はのちほど検討するとして、問題は、そもそも大津による“手ほどき”自体が、あったのかどうかです。

 というのは、尾崎喜八は、賢治死去直後の追悼文では、つぎのように書いているからです:



「彼
〔宮澤賢治―――ギトン注〕は上京中の或る夜東京の某管弦楽団のトロンボーン手をその自宅へ訪問した。海軍軍楽隊出のこの楽手は私の友人で、一方セロも弾き、詩が好きで、とくに宮沢君の詩集『春と修羅』のあの男らしい北欧的な、極地的なリリシズムを愛していた。その時の宮沢君の用件というのが、至急簡単にセロの奏法の手ほどきと作曲法の初歩とを教授してくれと云うのだった。しかしこれはひどくむずかしい註文でついに実現を見ず、やがて一日か二日で宮沢君は郷里へ帰ったのだが、〔…〕
尾崎喜八「雲の中で刈った草」,in:草野心平・編『宮澤賢治追悼』,1934年.⇒:尾崎喜八資料・第7号



 尾崎は、ここでは、大津によるチェロ教授は「ついに実現を見ず、やがて一日か二日で宮沢君は郷里へ帰った」と書いているのです。




∇ ひとつ前の記事⇒:トキーオ(19.3)

∇ 次の記事⇒:トキーオ(20.2)



.
しおり
記事一覧を見る

ギトンの人気記事

  • 南昌山と毒ヶ森(3)
    投稿日時:2018-11-24 23:25:02
  • 札 幌 (4)
    投稿日時:2018-11-03 18:30:03
  • ハームキヤ(17)
    投稿日時:2018-08-06 04:18:09

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ