ギトンの◇ギャるリ★ど☆タブろ◆

仙人峠と釜石(1)




ランキングヘ






仙人峠駅







 昭和はじめころまで、岩手県内陸部から太平洋岸・釜石へ、鉄道や自動車で行くことはできませんでした。遠野と釜石の間には 仙人峠という難所があり、ここは徒歩で越えるほかはなかったのです。

 現在は、釜石線と高速道・国道がつなぐ花巻-遠野-釜石ですが、当時の行き来は容易ではありませんでした。

 花巻に住む宮沢賢治も、その生涯の間に2回だけ、 仙人峠越えの旅をしています。 






1915年の岩手県中央部(鉄道地図)

岩手軽便鉄道が花巻から仙人峠西麓の
仙人峠駅まで開通した 1915年末の時点
での既設鉄道路線を書きこんでみました。
当時、宮沢賢治は、盛岡高等農林第1学年。



 海側の大橋
(仙人峠東麓)〜釜石(釜石製鉄所駅)間には「釜石鉱山鉄道」があり、旅客も乗せていましたが、仙人峠には軌道がなく、乗客は徒歩で峠を越えていました。(貨物は索道〔ロープウェイ〕で運搬)

 鉄道トンネルの開通によって遠野・釜石間が結ばれたのは、第2次大戦後、1950年のことでした。国道・仙人トンネルの開通は、さらに後です。

 戦前期、遠野〜釜石間にバス路線が開通したのは 1924年。仙人峠を大きく迂回して、笛吹峠から大槌
(釜石の北にある漁港)に出る道路を走りました。

 他方、盛岡から宮古を経由する山田線も、1915年にはまだ無く、盛岡出身の原敬首相が帝国議会の反対を押し切って着工したのは 1923年、太平洋岸・宮古に達したのが 1934年、釜石まで全通したのは 1939年でした。山田線建設計画に対して、帝国議会では、「人のいない山奥に鉄道を通して、猿でも乗せるつもりか」という批判が相次いだと言います。






仙人峠(地形図)

岩手軽便鉄道「仙人峠」駅は、現在の仙人峠トンネル
西口付近にありました。他方、東麓の釜石鉱山鉄道は、
釜石鉱山から鉄鉱石を運び出すための鉄道で、軌道は
鉱山の近くまで達していたはずですが、旅客が乗降した
「大橋」駅は、現在の釜石線陸中大橋駅のあたりだった
と思われます。







釜石線・足ヶ瀬駅 
釜石方面を望む。

 現在は、ここが“仙人峠越え”の出発点になります。

 現在の釜石線は、駅を出るとすぐトンネルに入ってしまいますが、旧軌道跡を走っている国道は、猿ヶ石川(早瀬川)の河谷を遡って行きます。








「夏休みの十五日の農場実習の間に、私どもがイギリス海岸とあだ名をつけて、二日か三日ごと、仕事が一きりつくたびに、よく遊びに行った処がありました。

 それは本たうは海岸ではなくて、いかにも海岸の風をした川の岸です。北上川の西岸でした。東の仙人峠から、遠野を通り土沢を過ぎ、北上山地を横截
(よこぎ)って来る冷たい猿ヶ石川の、北上川への落合から、少し下流の西岸でした。〔…〕
宮沢賢治『イギリス海岸』より。



 仙人峠のほうへ遡ってゆく河谷は、猿ヶ石川の支流・早瀬川なのですが、↑これを見ると、賢治は、猿ヶ石川は仙人峠から流れて来ると認識していたようです。








片岩
(方岩) 国道283号から。

片岩が見えてきました。トンネル西口
(仙人峠駅跡)はまもなくです。




仙人トンネル西口 
「仙人峠駅」跡

当時の写真を見ると、トンネル入口の手前の道路と
その両側の広場全体が、駅の敷地であったようです。
道路左側の広場に線路、道路とその右側にプラット
フォームと駅舎がありました。




仙人峠駅跡 
仙人トンネル西口
「岩手軽便鉄道」と記した標木が立っているだけです。
右の石碑は、「早瀬観世音」。




「昔、仙人峠の麓で千人もの人夫が鉱山の採掘現場で働いていた。その中に孝太郎という若者がいた。孝太郎は、年老いた母と二人っきりの生活をしていた。

 或る日、孝太郎が仕事を終えて帰ろうと山道を下りて行くと、数人の人が一匹の蛇を殺そうとしていた。孝太郎は蛇を可哀そうに思い、お金で蛇を買い取り逃がしてやったという。その日の晩の事であった。寝ていた孝太郎は何かにうなされて目を覚ますと、枕元に美しい女性が立っていた。

 『今日は、助けて戴いて、何とお礼を申してよいかわかりません。せめてもの恩返しに、貴方にお知らせしたい事があります。決して明日は仕事に出てはなりません。若し仕事に出れば、貴方の命はありません。』

 その知らせを言い終わると、煙の如くその女性は消えてしまったと。

 翌朝、孝太郎氏仕事へ行くか行かないか迷ったが、どうしても夢とは思えないので、其の日は仕事を休んだと。すると昼近き頃に天地も割れようかという轟音が鳴り響いた。鉱山が爆発して、働いていた千人もの人々の命が消え去ったという。孝太郎に知らせた蛇とは、仙人峠の山奥に住んでいる音羽姫が蛇になった姿であったという。その千人もの人夫の命を失った事故以来、その峠を仙人峠と呼ぶようになったと云われる。

 尚、今でも音羽姫が蛇になって現れる岩穴があり、今でも時々小さな蛇が出るが、人々はそれを音羽姫の子孫だと云われて殺さないようにしていると云う。

『上閉伊今昔物語』より。



 旧仙人峠のトンネルの脇に、その岩穴へと行く道がある。別の伝承では、坂上田村麻呂が蝦夷征伐の後に、十一面観音を祀った事から観音窟とも云われている。」



 ↑この遠野伝説に出てくる“観音窟”は、「早瀬観世音」碑の奥(写真右手)にあるのでしょうか?







仙人峠駅跡

駅線路跡の広場のコンクリート製擁壁(写真奥)
は、「仙人峠駅」当時のもの ⇒:Wiki:仙人峠駅






∇ 次の記事⇒:仙人峠と釜石(2)




.

トピックス

ブログランキング

人気のブログテーマ記事

テーマ:夏に聞きたい曲って?

grp

GRP