駿河路(2)




ランキングヘ







静岡県での宮沢賢治の足跡をたどります。



富士川





1916年3月、盛岡高等農林学校1年(同年4月から2学年)在学中だった宮沢賢治は、関西修学旅行の帰路、友人達と東海を旅しました。







野火
(山焼き)
秋吉台、山口県






 日沈みてかなしみしばし凪ぎたるをあかあか燃ゆる富士すその野火


 あゝつひにふたゝびわれにおとづれしかの水色のそらのはためき


 いかでわれふたたびかくはねがふべきたゞ夢の海しら帆はせ行け

(『歌稿A』#264-266)





 喪神の

 鏡かなしく落ち行きて

 あかあか燃ゆる

 山すその野火。


 あゝつひに

 ふたゝびわれにおとづれし

 かの水色の

 そらのはためき。

(『歌稿B』#264,265)






 『歌稿A』は、1921年ころに、賢治がそれまであちこちのメモやノートに記していた短歌を年代順に整理して並べた草稿。大部分は、妹トシの筆跡で書かれています。

 『歌稿B』は、『歌稿A』をもとに、洩れていた作品を補充しながら賢治自身の筆で書き写したもの。『歌稿A』からの大きな変更は、1行書きを2〜5行書きに直していることです。

 さらに、こうして行替えして転写した『歌稿A』の作品に手入れ・改作をほどこしているものも多く、上の #264 もそのひとつです。

 #264 は、薄曇りのそらに鈍くかかる日を「喪神の鏡」と表現している用語から見ると、1923年ころの手入れかもしれません。






野火
(山焼き)
奈良、若草山




野火
(山焼き)
奈良、若草山





 「野火」は、春先に野山に火をつけて枯草を焼く火。「野焼き」「山焼き」とも言います。

 日本の草原は、放っておけば、荊棘(いばら)や灌木がはびこって森林化してしまいますから、春の火入れは、牛馬の飼料になる牧草を確保し、害虫の発生を抑えるために重要な農事でした。

 現在では、市街地や山林に延焼する危険があるために、火入れは行われていませんが、当時は、日本中どこの地方でも、春の年中行事でした。

 宮沢賢治には、「野火」(賢治は「山火」とも呼んでいます)をテーマとする幾つかの詩歌作品があります。



 #264 の歌を、賢治はどこで詠んだのでしょうか?

 宮沢賢治ら同級生の一行は、この日(1916年3月29日)の朝、伊勢の二見港で汽船「鳥羽・蒲郡線」に乗り、伊勢湾を横断して、正午に蒲郡到着。蒲郡駅13時20分発の東海道線上り普通列車に乗ると、18時5分、蒲原(18時3分発)の先で日没時刻となります(西側が山なので、実際の日没はもっと早い)。

 賢治たちは三島で汽車を降りて、箱根を徒歩で越えていますが(当時、丹那トンネルはまだ計画中で、東海道線は三島から御殿場、山北を経由していました)、列車の三島到着は、19時5分です。

 日没1時間後の三島は、もう暗くて、山の景色は見えなかったと思われます。それに、三島からの富士山は、前にある愛鷹連山に、大部分を隠されているのです。

 富士の“すそ野”が見えたのは、もっと手前かもしれません。

 岩淵(現・富士川)駅 18時11分発: 日没6分後
 富士駅         18時20分着: 日没15分後
 鈴川(現・吉原)駅   18時29分発: 日没24分後

(『公認汽車汽船旅行案内』246号[1915.3.1.])


 ↑このあたりならば、車窓から「富士すそ」がよく見えたはずです。(沼津まで行くと、富士山は、山裾の部分を愛鷹連山に隠されてしまい、上から顔だけ出すようになります)






富士川橋付近
(明治時代)
『ふるさとの想い出写真集 明治大正昭和 富士』(国書刊行会,1985)から




富士川橋付近

ライブカメラ画像




日没時の富士川鉄橋

正面は、愛鷹山




富士川鉄橋付近の眺め

日没約10分後




富士川鉄橋付近の眺め

日没約20分後







 あゝつひにふたゝびわれにおとづれしかの水色のそらのはためき


 いかでわれふたたびかくはねがふべきたゞ夢の海しら帆はせ行け

(『歌稿A』#264-266)



 「ふたゝびわれにおとづれし」「われふたたびかくはねがふべき」───富士の山裾に燃える野火の焔を脳裡に焼き付けながら、賢治は、何を想起していたのでしょうか?

 おそらく、それは、中学生時代に詠んだ次の歌に通ずるものだったと思うのです:



 泣きながら北に馳せ行く塔などの

 あるべきそらのけはひならずや

(『歌稿B』#37)




∇ 本記事はこちら⇒:〜ゆらぐ蜉蝣文字〜





.
しおり
記事一覧を見る

ギトンの人気記事

  • 南昌山と毒ヶ森(3)
    投稿日時:2018-11-24 23:25:02
  • 札 幌 (4)
    投稿日時:2018-11-03 18:30:03
  • ハームキヤ(17)
    投稿日時:2018-08-06 04:18:09

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ