ご質問への回答 ( 前衛を簡単に強くしたいのですが… )

【質問】 強い学校に比べて前衛のレベルに差があります。前衛が上手くなるコツとかこれさえ意識すれば!ってのがあったら教えて欲しいです!

【回答】
ご質問ありがとうございます。
何歳なのか分からないので一般的な回答をさせていただきます。

まず、本物の前衛を育てるには後衛を育てる倍以上の労力と時間が必要になります。
それは、後衛よりも修得しなければならないセオリーや技術が多く、反射的且つ感覚で体が動くまで練習を積まないといけないからです。

ですので、絶対に押さえなければならないポイントはいくつかありますが、これさえ意識すれば…というようなそんな簡単に前衛を強くする魔法のようなものは残念ながらありません。

ですので、今回は技術の面と意識するべきポイントで一つずつアドバイスさせていただくことといたします。

まず技術面では、ポジションをネットにべったりつかず、ネットとサービスラインの中間のポジションでの、ゾーンボレー、スイングボレー、ディフェンスボレー、及びそのポジションからのストレートの締め、後衛コースへのポーチ(この2つはネットに詰めながら)、上を抜いてきた時のスマッシュ、これら全ての成功率を2ndサーブの成功率並みに上げる練習を徹底的にすることをおすすめします。




勿論、個本的なポジションの考え方と各種ボレーとスマッシュの基本技術が身に付いていることが前提となります。

これができればダブルフォワードに近い攻撃ができるので、前衛を活かしたゲームメイクができると思います。

次に意識の面ですが、前衛として絶対に大切なのが、「相手の打つ球に対して全球、来る、行く、ふわっと上がったら前衛ボール」の意識で全ての球に意識を集中することです。

自分のところに打たれてから来た!
自分のゾーン以外に打たれてからポーチ、もしくは絞めに行く、ふわっと上がったのにそれを叩きに行かずあたりまえのようにすぐ後衛に任せる…

これではストレートも抜かれる、ポーチも間に合わない、スマッシュのチャンスも逃す(後衛を走らせまくる)頼りない前衛となってしまいます。

以上、簡単に説明しましたが、とても深い部分ですので、ここで全てを説明することは不可能ですが、先に説明したポイントに気を付けながら練習することで、ある程度は守備範囲の広い便りになる前衛を育成することはできると思いますので、是非取り組んでみてください。

あと最後に、決して途中で諦めず、一つ一つの技術を修得していく根気強さが重要です。

ソフトテニスも日々進歩していますので、変化を恐れず、できるまで諦めず粘り強く取り組み続けて頑張ってください。
しおり
記事一覧を見る

TOMの人気記事

  • ご質問への回答(シュートを打つと顧問に叱られます… )
    投稿日時:2016-10-26 18:17:20
  • ミスしない自信がつくまで…
    投稿日時:2017-07-30 00:30:22
  • 「指導者」と書いて「支援者」と読む
    投稿日時:2016-11-09 18:24:14

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

スポーツカテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ