foauewrooiのblog

上のグラフは10代から30代までの女性のオーラルセックス

上のグラフは10代から30代までの女性のオーラルセックス(フェラチオやクンニリングス)の頻度を示したものですが、いずれの年代でも「毎回している」と「時々している」の合計が半数を超えており、オーラルセックスが広く普及していることがわかります。

喉への感染例は、シアリス 通販性器の場合と違って自覚症状に乏しいため、感染の事実を知らないままに、淋菌をパートナーに広げているということになりかねません。また、抗菌薬が効果を示さない「薬剤耐性菌」が増えてきていることも、淋病が減少しない大きな一因とされています。

一方、男性はパートナーから感染するだけでなく、風俗を利用する機会が多い場合、ピンサロなどでフェラチオのサービスを受けたことが原因でペニスに感染するケースが増えています。

コンドームを使用しないセックス1回当たりの淋菌感染率は約30%と非常に高くなっています。感染しやすい部位としては、多い順に尿道、子宮頸部、直腸、咽頭となっています。尿道に感染した場合、長くて1週間程度の潜伏期間の後、排尿時のピリピリとした激しい痛みと、膿のような尿が出てくるのが大きな特徴です。

男性は特に症状が強く現れます。オシッコをした際の痛みは「飛び上がるような」という表現がよく用いられますが、決して大げさではありません。トイレから30分くらい経つと尿道から膿がジワジワと溢れ出てくるのがわかります。一度拭き取っても、ペニスをしごくと再び膿が出てきます。

女性の場合、威哥王子宮頸部、直腸、咽頭への感染は症状がほとんど現れないので重症化しやすく、子宮頸管炎や卵管炎、子宮内膜炎などを経て最終的に不妊となってしまうこともあります。

トピックス

ブログランキング

人気のブログテーマ記事

テーマ:生まれ変わったら男になりたい..

grp

GRP