fahoeruoaroiuのblog

不安やストレス、鬱病等の心理的な要因から発症するケースです

機能的インポテンス

不安やストレス、鬱病等の心理的な要因から発症するケースです。
心理的要因から発症するEDは【現実からくる心理的要因】からくるものと、【心の深層にある原因が心理的要因】となりEDを発症するケースの二つに大別出来ます。
現実からくる心理的要因とは、日常の些細な事がストレスとなりそれが原因でEDを起こす場合です。例えば、奥さんとうまくいかない、経済的な悩みやストレス、毎日疲れている、妻からの無視等、自分自身でほぼ原因がわかるものが「現実からくる心理的要因」になります。この場合、カウンセリングや薬の服用のED治療で簡単に治る事があります。
次に、心の深層にある原因が心理的要因とは、幼少期の体験や性的虐待等の「過去の出来事が原因」=「心の深層にある原因」がEDを起こす場合です。この場合、大半は無意識ないし意識下の世界に原因がある為、本人には見当がつかず、原因の解明迄に長期間を要し、ED治療が難しいケースがあります。
黒蟻王は激安通販で購入

器質的インポテンス

心臓病、糖尿病、高血圧等の生活習慣病、神経系の障害、手術・外傷等による脊髄損傷や、加齢により発症するケースは血管や神経に障害が起こる為ですが、主に動脈硬化による血管障害はその原因の一つです。
加齢によるEDは防げないものの、EDの原因となりうる病気や生活習慣等に注意する事で、中高年になってからもED治療をせずに勃起機能を維持する事が可能です。実際、80歳を超える方でもED治療を行うことは可能ですので、あきらめずに沖縄那覇のおもろまちメンズ美容外科にご相談下さい。
また喫煙や過度の飲酒もEDを引き起こす原因と考えられています。
その他の理由でED治療が必要となるケース

正常な勃起には、神経が重要な役割を担います。神経には脳を含む中枢神経、脳と末梢を繋ぐ脊髄神経、身体全体に拡がる末梢神経がありますが、性的な刺激を受けた脳は、これらの神経を介してその信号を陰茎に送ります。その為、神経が障害を受けると、脳からの信号が陰茎まで伝わらずEDの原因となります。
パーキンソン病や脳出血、脳腫瘍等の自律神経障害を起こす疾患や、前立腺癌や膀胱癌の摘出術、直腸癌の切除術等で陰茎海面体の血管や神経を損なってしまったケース、事故による骨盤骨折や脊椎損傷等の外傷によるケース等があります。
また、服用している薬剤がEDを引き起こす原因となる事もあります。よく知られている薬剤としては、中枢神経や末梢神経に作用する薬剤、循環器系に作用する薬剤、消化管に作用する薬剤等があります。
動脈の広がりが不十分だとEDに
威哥王 個人輸入代行

性的刺激が脳からの信号により、神経を介して陰茎に伝わると、陰茎海綿体の動脈が大きく拡がり血液が流れ込みます。これが正常な勃起です。血管自体に動脈硬化などの障害がある場合には、陰茎海綿体の動脈が拡がらないため、十分な量の血液が流れ込まず、勃起しない、満足な勃起が起こらないという症状をもたらします。

トピックス

ブログランキング

人気のブログテーマ記事

テーマ:恋人と付き合ったキッカケは?

grp

GRP