『レミングの行方』

大橋香?先生?だったかな?(←超うろ覚え甚だしい)
今はエロ漫画一徹で描かれてる先生なんですけど、当時はミステリーと言うか、ホラー系と言うか…映画のような感じの漫画を描かれてました。
そのなかでも、この『レミングの行方』はずば抜けて面白かった!
2巻か4巻で完結する短い話なんですけど、内容が濃い!救いが無い!子供不憫!大人使えね!な作品です(誉めてるんかそれ笑)
私の『金髪美少女は冷徹無慈悲である』はここから来てると思われ。(影響受けまくりやなお前)
アリスンがねー。もうねー。可哀相!(´;ω;`)!ウルフのヘタレっぷりが見てて苛つく!
これ、映画にしたらすっごい面白そうだと思うのは私だけ?
あ、でもアリスン役の美少女が出来る役者がいないか。。。
メスとか拳銃でビシバシ大人をぶち殺して平然としていないといけないから、R15は必然だし。。ぶちまけた脳みそとか普通に出て来るしさ。。。
そんななかでも美しい美少女アリスン。
アリスンが微笑むと天使に見えてしまう不思議。
でも実は…(おっとここからはネタバレになるので、全巻読んでからアリスンの良さを一人噛み締めて下さい笑)
あー、また読みたくなって来た。。。時々無性に読みたくなって、全巻再び読み返してしまう不思議な作品です。
『レミングの行方』。
何処に置いたかなー?
探してみよっと。








しおり
記事一覧を見る

九千鶴ヶ紅の人気記事

  • 仕事上がりで
    投稿日時:2019-08-15 16:33:23
  • ハローワーク
    投稿日時:2019-08-29 16:55:03
  • 阿蘇の残高
    投稿日時:2019-08-21 17:04:38

おすすめトピックス

ショッピングカテゴリーランキング

ネットショッピングカテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ