衝撃を受けた初吉原

電話では「日暮里駅に着いたら電話をください」との指示。

何線かも分からない日暮里駅をナビタイムで検索し向かった。

何となくもっとこじんまりしている駅かと思っていたが、思った以上に広い。

駅に着いて電話をすると、「タクシーの運転手に『◯◯まで』と伝えて下さい」

「そこでお待ちしています」との事だった。

タクシーに乗り、日暮里駅から吉原までの景色を楽しむ。

ファッションが好きな私は生地屋さんが多いことに驚いた。

日暮里ってこんな所なんだ。

そう思えば、急に雰囲気が変わる。

今の道が吉原の入り口なのかと分かるほどに。

そして電話口の男性がタクシーの支払いを済ませ、迎え入れてくれた。

早速面接に入る。

今までの経歴を聞かれ、ソープとヘルスの違いをざっと説明される。

まず一本当たりの単価の違い。

ヘルスとは内容が全く異なるため、ソープの方が高い。

その反面、ローションやスキン・その他諸々の消耗品は全て実費。

また、ソープではマットやイスなどの技を覚えるために講習代を自腹で払わなければいけない。

合格するまで講習を受け続けることになる。

マットが出来なくてもデビューは出来るが、基本プレイのため指名を取れる確率は当然低くなる。

一通り説明され、やるかやらないかの判断を求められた。

想像していた良い話ばかりでは無かった為に不安も多少あったが、働きたい旨を伝えた。

撮影日や講習・ソープデビューの日などスケジュールを合わせ、帰宅。

緊張とともに今までとは違いすぎる環境にワクワクしていた。
しおり
記事一覧を見る

菜多田 ココの人気記事

  • 疲労の蓄積から遂に体が悲鳴をあげた
    投稿日時:2019-05-25 01:21:06
  • 緊張の風俗デビュー
    投稿日時:2019-06-22 16:24:36
  • ソープデビュー後に襲われた激痛
    投稿日時:2019-07-14 23:49:18

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ