2008年はアンチエイジング元年

医療業界にエステ業界、化粧品から家庭器具まで

様々なアンチエイジングがテレビで取り上げられました。



その中でも医学会の進歩は目を見張るものがあり、

どんな臓器にも変える事の出来る肝細胞の美容への応用や、

皮膚の老化のメカニズム、ホルモン療法等が度々

報道されました。





美容整形の分野を見てみると、若者から中年へと患者が

シフトしているようです。若者がコンプレックスの解消の為に

瞼を二重にしたり鼻を高くするといった美容整形から、

中年以降の年齢層の方が若々しい姿に変える、保つために

美容整形を受ける傾向が増えています。





アンチエイジングという言葉が世間一般に浸透したために、

美容外科の流れが世界的に変っていくと予想されています。



日本ではあまり浸透されていないようですが、今年は

「若返りホルモン療法」が浸透すると予言している人がいます。

若い人がこの若返りホルモン療法を受けてもさほどの効果は

得られませんが、40代50代以上の人がやると見た目も劇的に

若返ると言われています。





ただ、アンチエイジングは知識のないドクターが参入しやすい

分野であり、それだけに病院選びは慎重に行わなければいけません。

若返りの手術は高い技術力が求められ、形成外科の基礎技術が

ないと手術を行うことが出来ないからです。



特にフェイスリフトは結果を出せるドクターが少ないそうです。

あるアンチエイジング医院によると2008年に多かった施術は

自己脂肪注入、まぶたのシワ取り、フェイスリフトで、この

傾向は今年も変らないだろう、とコメントしています。





アンチエイジングは女性にとってダイエットと同じくらい

関心の高い言葉になり(高齢化も進んでいますし)、各メディアでも

度々取り上げられることでしょう。



だからこそ、もし美容手術を受けることを検討するなら

信頼の出来る医院を見つけるようにして下さい。



<ダイエット関連リンク>

@ダイエットゼリーで置き換えダイエット

Aコーヒーダイエットがブームです

Bスープダイエットで健康美人

C豆乳ダイエットのすすめ

D骨盤ダイエットで美しいボディラインを

Eプロテインダイエットに挑戦だ!
しおり
記事一覧を見る

アンチエイジャーの人気記事

  • 美白に美白パック
    投稿日時:2008-12-30 16:16:33
  • 紗月さんへ
    投稿日時:2011-02-21 15:46:48
  • 2008年はアンチエイジング元年
    投稿日時:2009-02-09 22:01:50

おすすめトピックス

ビューティカテゴリーランキング

美容情報カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ