カテゴリ:日記

物語に宿る記憶について

【カルティエ・1993】「母がね」新宿3丁目の明治通りの交差点で信号待ちをしている時、エマが言った。季節はもう12月..

路面電車を降りたそこは葡萄の香りがした C

その日、いつもより数十分長く俺の部屋にいた。理由は簡単で、また些細なことから口論になったからだった。ひどくつま..

路面電車に降りたそこは葡萄の香りがした B

恋愛はいつもそうだ。最初は恐る恐る重い車輪が動き始め、そして坂道を転がるように加速していく。そしてブレーキがつ..

路面電車を降りたそこは葡萄の香りがした A

こんな都会のど真ん中だというのに、葡萄の香りがまたどこからか漂っていた。地下鉄から階段を登って顔を出したのは汐..

路面電車を降りたそこは葡萄の香りがした @

路面電車を降りると、低い雲に覆われた街はどこからか葡萄の香りがした。まだ6月だというのに空気が湿って暑い。肌に..

月別記事リスト
月別記事リスト

汁師アキラの人気記事

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

恋愛カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ