食べ納め





だいぶお腹の調子が復活してきました。

少量であれば、油ものも大丈夫。ただし上質なアブラね。





ということで、長らく食べ続けて来た、冨美家のうどんも、そろそろ食べ納め。



さすがに2か月以上、食べ続けてくれば、どんなに美味しくても飽きますよね。

(実はまだそれほど飽きていないのですが( ̄▽ ̄)、若干お高いのと、栄養バランスを考えて。)





京都に行かなくても、こんなに食べることができたのは、近くのスーパーのおかげ。



ほかのうどんと較べて少しお高いのですが、結構売り切れてます。

根強い需要があるのですね。

(ここに、身をもって証明してますが(^。^)。)







冨美家鍋。

左から時計まわりに、海老天、蒲鉾、焼き餅、煮椎茸。真中は九条ネギ。

下に沈んでますが、生卵と玉子蒲鉾もあります。



生卵はどんどん余熱で固くなっていくので、どのタイミングで割るかで、風味が全然変わってきます。



ワタシ的には、温泉卵ぐらいの半熟になって、うどんを半分くらい食べた頃に割って、味の変化を楽しみます(^。^)!

お出汁が美味しいので、いきなり卵の味にするのはもったいない( ̄▽ ̄)。



前半は、うどんとお出汁、具材を交互に楽しみ、後半にちょっと飽きてきたら卵を割って、半熟卵の味と食感を楽しむ。





だから冨美家鍋はやめられない。

ちょっぴり贅沢なうどんです。









今回最後の冨美家うどん、しっぽく。

左から時計まわりに、玉子蒲鉾、煮椎茸、乾燥湯葉昆布ヒモ締め、蒲鉾、板麩、真ん中に生三つ葉。



この三つ葉が、ネギとは違った風味で良いですね。京うどん、という感じです。





宇治や長崎の、しっぽく料理とは全然違いますが、京都風具材のアラカルトに変わったのかもね。



素うどんやキツネうどんに飽きたら、目先が変わってよろしい。

何より、関西のうどん屋メニューの絶滅危惧種ですよ。









うどんの合間に、レンジで加熱した温豆腐に出汁醤油。

手軽で美味しい、タンパク質。







スーパーだったか、なだ万だったか(天と地ほど違いますが、忘れた)で購入した、冬瓜煮物。



これは旨かった!

和食は出汁ですね〜。









これだけ食欲があれば大丈夫ですね。





あとは、一日三食で腹八分目、食間4-5時間、夜9時以降は食べない、総カロリー1600kcalをキープ!





禁欲あるのみ( ̄▽ ̄)。





でっきるっかなっ、でっきるかな、さてさてハハーン♪









(^_^)☆






しおり
記事一覧を見る

sabの人気記事

  • 葛の花
    投稿日時:2020-09-11 22:27:53
  • 月の頃は
    投稿日時:2020-09-30 11:59:52
  • 旬の食材
    投稿日時:2020-09-28 10:11:56

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ