こねこねこ





付近に住みついている外ネコのソトネコフの妻ミー?が、天井裏でどうやら子どもを産んだらしいことは、先月から気づいていました。



天井裏の別住人、テン?と激しくバトルしていたのが先月末。



この歓迎されざる客たちをどうしよう、と考えあぐねていた矢先、母ネコのミーは子ネコを残して行方不明に。この2-3日、姿を見ません。



表庭の縁側下からミーミー声がする!









雨戸の戸袋下に子ネコが4匹。









それがどうしようかと思う間に1匹カラスにやられたらしく、あわてて3匹を保護することに。

油断しました。







このうち2匹は、息子のツイートでもらい手が決まり、昨日里親へ。



1匹残ったので大変です。

兄弟が居れば体が冷えるのを防げますが、1匹ではこちらがケアするしかない。



やむを得ずダンボール箱を用意し、室内へ。



生まれてひと月ほどらしく、歯は生えています。

ミルクがうまく飲めず、皿にダイビング。前足だけでなく顔がビチャビチャ。



そこでスポイトで口につっこみ、ちびちび給乳。

スポイトをガジガジかじるので、先がひん曲がり、穴だらけに。



そろそろ離乳なので、チュールをチビスプーンに盛り、口につっこむと、ウゴウゴ唸りながらかじりつく。



よほど空腹だったのね。







当分ネコの顔は見たくないと思っていたのに、現実の怒涛の前にはそんな思いは吹っ飛びます。



この子の里親が決まったら、ソトネコフをつかまえて避妊する決意がつきました。

昨年産んだ子ネコもまだウロウロしてるようなので、それもいずれ。





生殖はきちんと制御しなければなりません。

ヒトの場合、制御しきれない本能の部分が、人口減を回避する役割があるのかもしれませんが。

でもイヌ、ネコはヒトの責任。

人類が野生種を飼いならして来た責任があります。











子ネコは可愛いですが、見るたびにため息が出ます。







(^_^)☆






しおり
記事一覧を見る

sabの人気記事

  • 衝撃のネコ写真
    投稿日時:2019-06-09 15:48:06
  • 待ちぼうけ
    投稿日時:2019-06-13 15:35:41
  • こいつ
    投稿日時:2019-06-08 15:17:05

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ