苔玉





雨と湿気が増えてきて、苔が色づく季節です。











息子が買ってきたコケ玉の、楓の緑も綺麗に。











苔玉なんて、誰が考えたのか知りませんが、日本の盆栽、中国の盆石趣味に通ずる、箱庭的な小宇宙志向ですね。



苔を主体にするのは、中国南方か、日本の風土に合った趣向でしょう。



そう思えば、苔の玉も、キノコ型した蓬莱山のようにも見えてきます。







(画像はお借りしました。)



蓬莱山は、方壺、瀛州とならぶ伝説上の仙境で、東方三山と呼ばれます。



前漢の武帝が、不老不死の仙薬を求めて徐福を派遣したのは、東方三山と言われ、日本各地には徐福がやってきたという、徐福伝説が残っています。



中国から見れば、日本は伝説の東方三山の方角であり、日本こそが東の仙境、理想郷だったと言う説もあり。



日本人が作った漢詩の選集が、中国で「東瀛詩選」と呼ばれるのも、日本の美称「東瀛」に基づいているのですが、そのいわれは瀛州にあり。





現在、世界中から観光客が日本にやって来て、定住しちゃう人も結構いるのは、日本が東方の理想郷だからなのかもしれませんね。







(^_^)☆






しおり
記事一覧を見る

sabの人気記事

  • 簾越し
    投稿日時:2019-09-15 12:27:41
  • 彼岸過ぎまで
    投稿日時:2019-10-01 09:40:18
  • 讃岐富士
    投稿日時:2019-10-03 13:08:48

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ