愛されて…






デートから帰って参りました(*´꒳`*)















今日の彼はいつもにも増して、、、









スケベでした…( ⸝⸝•。•⸝⸝ )











彼の車に乗り込んで、少し走ってある目的地の駐車場に着くなり、






「ちゅー♡」ってちゅーされたかと思ったら、








胸を揉み揉みされて、スカートをたくし上げて太ももをさわさわ…












恥ずかしいやら、嬉しいやら…










私も我慢できなくなってしまうやん…


















流石に駐車場ではそこまで。




































私が行きたかったパン屋さんにも行けて、美味しそうなパンの数々にテンション上がったぁー














パン屋さんでここまで大量に買ったの初めてっていうぐらい買ってしまった


























そのパンを持ってホテルへ…

























彼が「コーヒー入れて♡」って言うので、






電気ケトルに水を入れようとしたら、後ろから抱きしめられた…














くすぐったくて身体をよじる私。















さらに胸に手が伸び、そのあとはスカートの中に入ってきた…

















もうダメ…














私はケトルを置いて彼にキス。




















キスしたまま彼に壁ぎわに押し付けられ、スカートから下着の中に入ってきた彼の指が動くたびに声が漏れる…



















そしてキスしたまま私は後ろ向きでベッドまで誘導され、そのまま押し倒された。
















彼が荒々しく服をまくしあげ下着をずらして乳首を吸う。













私の一番敏感な部分で動く彼の指が滑らかで、







私がどれだけ興奮してるのかわかった。




























今度は私が彼の首筋から胸にキス。













乳首を舐めると「あぁ…」って彼の声が漏れ始める。






















手で彼の硬くなったところを優しく撫でる。









そのあとは口で…

















彼の反応を見ながら私はどんどん上手になったと思う。















彼を気持ち良くしてあげたい♡って思うから。
























「もっと…もっとして…」








彼がおねだりする。












私は手と口で場所と強弱とリズムを変えながら彼を絶頂の入り口へと導く。


















我慢できなくなった彼が私の後ろにまわり、私の下着を脱がさないまま横から入ってくる。










(彼はこれが好きみたい(⑉• •⑉)♡)
























彼が入ってきた瞬間から、私はもうダメ…

















とろけそう…


















付き合って8年弱、どんどん気持ち良くなってる。






















激しく動いたり、ゆっくり円を描くように動いたり、、、、












その度に喘ぎ声をあげる…
















繋がったまま背中にいっぱい優しくチューされて、“愛されてる”って感じて嬉しかったな。


























「イキそう…




イク…



うぅ…」













彼の命の種が私の中に放出される…










しあわせ…♡
































この行為が、こんなに身体も心も気持ちいいもんなんだって彼に教えてもらった。














私、まだまだ進化しそう…


































しおり
記事一覧を見る

amiの人気記事

  • 優しいな…
    投稿日時:2019-10-20 12:20:04
  • 朝から…
    投稿日時:2019-10-05 08:15:20
  • 投稿日時:2019-10-15 10:39:50

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

恋愛カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ