一橋世界史

今日やったこと
数学×2
英語×3

一橋世界史問T
2007〜2003年

やっぱり一橋世界史楽しいね〜


確かに難しい
教科書になんか載ってない

けど過去問をどんどん解くとわかってくる

出題者の意図が

問Tは中世ヨーロッパ形成の過程か

過去問にでてる範囲は広いように見えるけど横に並べてみると

全てつながっているんだよね

一橋受験生みんな知ってると思うけど

僕は一橋2003年かな?の過去問を初めて解いてた時

衝撃を受けた

イタリアルネッサンスにオスマン帝国がどう関わったか?
って問題があった

初めてみた時
はぁ?って思ったね
だってオスマンの知識とかまず浮かぶのは

1453ビザンツ帝国滅亡

じゃない?
おれも正直それしか思いつかなかった…

あとニコポリスぐらいかな

あの時
解答とかどうでもいいから
どういう繋がりがあるのか知りたかった


解答
難しい部分は省略するけど

14世紀頃から
バルカン半島に進出したオスマン帝国は、ニコポリスの戦いで勝利し勢力を拡大した

オスマン帝国に脅威を感じたビザンツ帝国は
ビザンツ皇帝とコンスタンティノープルのお偉いさんが 笑

イタリアを訪れて
ローマ教会に共同を求めた

注『この時ハインリヒとのカノッサの屈辱など
ローマ教会とギリシア政教は相互破門してたね』

しかしイタリア側は軍事的援助をおこなわず

1453年ビザンツ帝国滅亡

『ここでさっきビザンツ皇帝らがイタリアを訪れたとこにもどる』

ビザンツ帝国滅亡前
ビザンツ帝国はギリシア古典文化を保持していた

その知識を持った人々がイタリアへ逃れ

人文主義者へ影響を与え
ルネッサンスが始まった

これが解答だったんだけど
衝撃をうけた

当時オスマン帝国のイメージといったら暴れん坊ってことだった 笑

けれどそれを視点一つ変えることで

オスマン帝国が
ヨーロッパを変えたとまで言われる
ルネッサンスの主役になるのだ

この問題を作った先生は
本当に世界史が好きで
またこんなに広い視野を持つ人にあって話してみたいとも

この問題一つから感じることができた
入試問題は大学の色を強く出してるよあな気がする

一橋は地味にみえて 笑
世界に広がる
広い視野を持っている人を求めているみたい
留学制度にも反映してるよね

そんな大学に入りたい

この一問からぼくはそう感じた



長文失礼しました
誤字許してね

これは一橋受験者は知っていないといけない
知らない受験者はこのブログを読んで少しでも傾向をつかんでいただけたら嬉しいです

ぼくはみんなを蹴落として受かるのが受験じゃないと思う

自分が一定以上の努力をした時初めて合格の二文字が見えてくるんだと信じてる

だから一橋受験者だけじゃなく他大学の受験生もこのブログを読んで賢くなってくれたら 嬉しい
それでみんなで受かろう


こんな勉強が広い視野を持てる本当の勉強というような気がする


こんなくだらない文章最後までよんでくれた人ありがとう

またクレームがなければこんな話書いていきたい

でわでわ
引き続き勉強頑張ろう!!
しおり
記事一覧を見る

ポールの人気記事

  • 一橋世界史
    投稿日時:2008-08-28 22:10:12
  • お〜
    投稿日時:2008-09-02 21:11:41
  • 始動
    投稿日時:2010-01-07 07:15:55

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ