高校三年生 3

寂しくて寂しくて弟が生まれてから久しぶりに心の底から甘えることができる場所でした

帰ったらそれが無くなることがとても怖かったです。

でも、その新しい先生は「私だけなら」とハグしてくれました

それから担任の先生は私がストレスで体調を崩したり、疲れたように見えるとハグしてくれました

とても嬉しかったけれど「万が一3年生になる時にこの人がいなくなったら私はまた困るから懐けない」と私はその人に深く関わろうとはしませんでした。

実際母からも「あの先生はきっと臨時の先生だからいなくなると思ってなさい」と言われていました。
なので私はどれだけ優しくされてもその先生に頼ろうとはしませんでした。深く関われば関わるほど、いなくなった時に辛いのです。
それを私は高1の時に痛感しました。

本当はもっと先生に笑いかけたかった。でも素っ気なくしてないとあとが辛かった。
何回も私はその先生を傷つけたと思います。

去年度が教師一年目でした。
初めて受け持った生徒に「いなくなるのが怖いから先生のことを好きになれません」と言われるのはきっと辛いでしょう。
でも先生は「わかった。」と言ってくれました。

三学期始まって当分はよく6時間目は保健室に逃げていました。自分のクラスに戻るのが怖い私のために6時間目が終わると保健室に迎えに来てくれて一緒にクラスまで来てくれました。

帰国してから初めての体育の時間、男の先生の授業だった私はとても嫌がっていました。
そしたら担任の先生はフリーだったからと一時間私と一緒に授業にいてくれました。
冬の体育館で寒いといいながら体育館で履く靴がない先生は裸足で私といてくれました。

男の先生で、2組合同になっていて怖がり体育館の入口で立ち止まる私を連れて一緒についてきてくれた。
欠席にならないように頼んでくれて、「キャッチボールだけでもして欲しい」と言われたら一緒にキャッチボールをしてくれた。

2月にあった英語のスピーチコンテスト。
英語部の私は司会をやらなければいけませんでした。
人前に出るのが苦手な私。
でも、同じクラスであり同じ部員の私のようにストレスに弱い子が具合が悪そうでしかも一人突然欠席されて4人のはずが部長を含め3人での司会。

私は「しっかりしなきゃ」と気を張っていました。

その日の朝家を出る時、弟が起きてしまいぐずられて家を出るのが遅れて必死で駅まで走り結局電車が遅れていたので無駄だったことへの疲れなどから私も体調が悪かった。
でも、頑張らなきゃいけないと気を張っていました。

全て終わった時、私は椅子に座ったまま立てなくなりました。
不思議と涙が出てきて大泣きした。
顧問の先生からは「ありがとう」と言われ顧問の先生も泣いていました

そのあとも涙が止まらずしゃがみこんだまま立てなくなり担任の先生が様子を見に来てくれた時とても褒めてくれました。

日頃褒められない私はその時とても嬉しかったのを覚えています。

「詩音が嫌がらず前に出るとは思わなかった よく頑張ったね」と言ってくれたことがとても嬉しかった。

修学旅行ではろくにご飯も食べず集団行動ができず泣いてばかりで体調を崩している私を気にかけてくれた。

自由行動の時に班の子に迷惑をかけて嫌な言葉を言われて泣き出した時は怒りながら迎えに来て話を聞いてくれた。

3月の卒業式
集団行動が苦手な私は式典等も苦手。
大きい音や合唱、マイクを通したピアノの音は耳が敏感な私にとってはいい音ではありません。
予行では迷惑をかけました。

本番当日 入場の際に「詩音」と声をかけてくれて頑張れと言ってくれました。

修了式の日
先生はいなくなってしまうことを私たちに伝えました。
私は「また私は新しい先生に慣れなきゃいけない」「私のこの人に慣れようとしていた努力はなんだったんだろう」という思いで頭がこんがらかっていました

写真を撮る時、座っている椅子からくっついているように立てなかった。

泣きだして友達が私に声をかけた時泣いていることに気づいた
先生に伝えると「え!?詩音〜」と泣き出しながら私のところに来た先生

その時私は心の声が我慢できず「もう嫌だ」という言葉を何回も叫んでいました。

先生からは「ごめんね」「恨んでいいよ」という言葉が聞こえました

きっと先生もこんな言葉言うの辛かった
生徒に恨まれたい先生なんているんでしょうか
「恨んでいいよ」なんて。

結局、その先生にあったのはその日が最後です。


高校三年生になり新しく男の先生が担任になりました。
私のクラスは私を含め男の人が苦手な子が多く保健の先生が頼み込んで副担任の位置で1人女の先生を置いてくれました

でも、2人とも知らない先生(正確には担任の方は高1の頃から居たけど授業も担任にもならなかったから初めましてのようなもの)

保健の先生に相談すると「2年生の帰ってきた時のように慣れるための期間を作ろうね」と言ってくれました。

私が「副担任の人ときちんと喋れるようになりたい」と言った時は「GW明けたらお話する時間作ってもらおうか」と言ってくれました

「セッティングするから安心して」と。

すごく嬉しかった。

今はGW中。
リラックスしてまた学校頑張りたいです。

長くなりました。
しおり
記事一覧を見る

ShIonの人気記事

  • ╰(*´︶`*)╯
    投稿日時:2017-11-25 20:54:34
  • 12/20
    投稿日時:2017-12-23 18:09:08
  • ...(lll-ω-)チーン
    投稿日時:2017-11-08 05:19:01

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ