報告。






隠し続けてもいんだろうし、この記事をアップするのにすごくすごく震えたけど

決めたよ。









12月21日



大好きな大好きなこのちゃんが
お空に行きました。



急死でした。

なんの前触れもなく、ほんと突然このちゃんはお空に、。





やることは全てやってもらった。だけど好みは戻ってこなかった。

ほんと当たり前じゃないんだなって改めて思わされた。まさか自分がこんな経験するなんて思ってもなかったし、人ごとだと思ってた。

生まれて、おっぱいミルクあげて、オムツ変えて、お風呂いれて、何事もなくふつうに過ごしてたら当たり前に成長してくれるんだと思ってた。






生まれつき心臓に二個、原因があったみたい。

今の日本では検査で今回の心臓の悪かったところを見つけるのはほぼ無理らしくて、このちゃんも死亡解剖して初めて分かったの。痛い思いさせちゃったね、ごめんね。


最初は死亡解剖なんて、あんな小さくてキレイな体に有り得ないって、やめてくれって言ったんだけど、今は虐待とか事件が多いから原因がちゃんと明確にならないとダメらしいよ。



でもこのちゃんが頑張ってくれたおかげで
原因が知れた。ありがとう。


今回その二個のことが重なって急死に繋がったって。

原因が分かるまでね、私がこのちゃんを殺したってすごく思ってて泣き叫んで気が狂ってもうほんとに、その時のことパニックで記憶が曖昧なんだけど

このみが頑張ってくれたおかげで
少し落ち着いた。


それでも死亡解剖結果だけじゃ信じれなくて?納得できなくて?、

私のせいってのが消えなくて

ひろくんは私のせいじゃないってことを私にちゃんと納得できるように、今回このちゃんを担当してくれた先生に直接聞いてくた。


ありがとう。

先生もこのちゃんの心臓のこと、細かく教えてくれた。

あんな小さい体で2ヶ月と10日、頑張って戦いながら生きてくれたんだってこと。



でもね、それでもいっぱい後悔してる。後悔ばっかり。生まれた瞬間に『守ってあげないと。』って誓ったのに守れなかった。やりなおせるならやり直したい。なんで異変に気付いてあげれなかったんだろう。写真も動画も何でもっともっと撮らなかったんだろ、このちゃんの泣いてるところ動画に残しておけばよかった。声がどんどん記憶から薄れてってる。声聞きたいな


写真と動画じゃ足りない。寂しい




火葬も24日の朝に行って、それまではずっと泣いて泣いて泣き続けて食べれないしボーっとしてたけど、でも姿カタチがなくなったら変な意味じゃなくて少しスッキリした。


心にポカーンって穴もあいた。

何でこのちゃんなんだろ、





今はまだ乗り越えれそうになくて、みんなに支えてもらってる。みんなとお喋りしたり、子供たちの事やってる時、歯磨いたり、ドライヤーしたり、何かに集中してる時は考えれずにいるから心が楽?って言い方はおかしいけど、それが終わった時また現実に戻って、このみはいないんだって。

朝目覚めた時が一番つらい
ああ、現実なんだって。



このちゃんのこと考えないで笑ったり何かに集中しちゃうとすごく罪悪感に襲われたりもする。すごく申し訳なくなる。どんどんこれからこのちゃんのことが薄れてっちゃうって思うとすごくこわい。



でもずっとはこのままじゃダメだって分かってるし、子供はこのみだけじゃない。かえくんとうーちゃんもいる。守ってあげないと

私がこんなんじゃみんなが心配する、みんなに気使わせる、だから少しずつ少しずつ乗り越えていく、時間いっぱいかかっちゃうけど。








(私のお気に入りの中の一枚だよ


あんな小さい体で2ヶ月と10日頑張って生きてくれて幸せすぎる夢の時間を与えてくれてありがとう。本当に幸せだった、可愛かった

最後の最後までほんとうに可愛かった
天使だったなぁ

ずっとずっと見守っててね。








私を選んでくれてありがとう。

このみで良かった、本当によかった

大好きだよ、本当に大好き




母さん頑張るよ。頑張らないとね







以上、報告でした。

言いたいこと、思ってることを文にするのはすごく難しいな。短くまとめちゃった。




言葉にしたくて
弱音も書いたりすると思うけど

今まで通りブログ書いてくね








あいたい






しおり
記事一覧を見る

た こ 。の人気記事

  • このみ
    投稿日時:2019-06-11 20:52:46
  • プール
    投稿日時:2019-07-28 21:26:39
  • 前髪。
    投稿日時:2019-06-13 19:04:58

おすすめトピックス

ママカテゴリーランキング

ママカテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ